西武牧田、中日大島らにスピードアップ賞

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/17

日本野球機構(NPB)は17日、16年からコミッショナー表彰として制定した「スピードアップ賞」の協賛社が決まり、正式名称は「ローソンチケット スピードアップ賞」とすることを発表した。

今季の表彰選手は以下の通り。

【投手部門】レギュラーシーズンで、最も平均投球間隔(無走者時)が短かった投手

セ・リーグ 中日ラウル・バルデス投手 8・5秒

パ・リーグ 西武牧田和久投手 8・1秒

【打者部門】レギュラーシーズンで、最も平均投球間隔(無走者時)が短かった打者

セ 中日大島洋平外野手 12・1秒

パ 楽天藤田一也内野手 12・3秒

平均試合時間が最も短いチームに対するチーム表彰は、セは巨人の3時間2分、パはロッテの3時間8分になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
各球団発表、12月8日の入団、背番号変更、スタッフ人事は?
楽天・星野副会長、古巣の中日に苦言「優勝争いしないとファン離れる」
阪神・北條、リオ金の土性から公開ラブコールに照れ笑い
森監督が明言!竜ドラ1、2コンビ来春C1軍スタート
V奪回へ至上命題!阪神・金本監督、広島&巨人との対戦成績「五分に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加