最新ランキングをチェックしよう
触れるな危険。チェルノブイリの森の中で発見された作業車両部品「チェルノブイリの爪」

触れるな危険。チェルノブイリの森の中で発見された作業車両部品「チェルノブイリの爪」

  • カラパイア
  • 更新日:2019/07/13

bionerd23/YouTube 「チェルブイリの爪」とは、1986年にあの史上最悪の事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所から危険な放射性グラファイトを取り出すために使用されていた、作業車両のグラップル型アタッチメントのことだ。
 メルトダウン後の事後処理作業では、爪は普通に廃棄するにはあまりにも危険すぎると判断され、今ではゴーストタウンと化したプリピャチの周囲に広がる森の奥深くに捨てられた

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
舞の海氏「過去の横綱はこういう立ち合いはしなかった」 白鵬の「かち上げ」、優勝目前で波紋
スリッパ、古いポスター...医師が教える“ヤブ医者”の特徴
壇蜜、結婚発表で本名が話題に 「かっこいい」「読めない」
人気の4商品が大特価! カルディでフライング「ブラックフライデー」やってるよ~
手取り17万円の児童養護施設職員からわずか5年で年間家賃収入5000万円へ。破天荒大家の成り上がり術
  • このエントリーをはてなブックマークに追加