最新ランキングをチェックしよう
触れるな危険。チェルノブイリの森の中で発見された作業車両部品「チェルノブイリの爪」

触れるな危険。チェルノブイリの森の中で発見された作業車両部品「チェルノブイリの爪」

  • カラパイア
  • 更新日:2019/07/13

bionerd23/YouTube 「チェルブイリの爪」とは、1986年にあの史上最悪の事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所から危険な放射性グラファイトを取り出すために使用されていた、作業車両のグラップル型アタッチメントのことだ。
 メルトダウン後の事後処理作業では、爪は普通に廃棄するにはあまりにも危険すぎると判断され、今ではゴーストタウンと化したプリピャチの周囲に広がる森の奥深くに捨てられた

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「田舎の開業医になんか、嫁ぐんじゃなかった...」東京を諦めきれない元・港区女子の後悔
あおり運転男は“匂わせおじさん”だった! インスタに忍せる「彼女アピール投稿」
まさかのがんリスク。飲んではいけないドリンクとは?
ダマされるな!「老後2000万円問題」で絶対やってはいけないこと
心霊スポット検証:京都で最恐最悪の魔界といわれる「清滝トンネル」が若者のテーマパークと化していて泣いた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加