チャニング・テイタム主演『X-MEN』スピンオフ映画、3人目の監督が降板

チャニング・テイタム主演『X-MEN』スピンオフ映画、3人目の監督が降板

  • シネマカフェ
  • 更新日:2018/01/12
No image

ゴア・ヴァービンスキー-(C)Getty Images

もっと画像を見る
20世紀フォックスが製作するチャニング・テイタム主演の『X-MEN』のスピンオフ映画『Gambit』(原題、以下『ガンビット』)から、ゴア・ヴァービンスキー監督(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)が降板した。

『ガンビット』は2015年10月にルパート・ワイアット監督(『猿の惑星:創世記』ほか)が、2016年8月にダグ・リーマン監督(『ボーン・アイデンティティ』シリーズ)が監督の座を降りており、ヴァービンスキー監督は3人目であった。「The Hollywood Reporter」によるとキャスティングは開始しており、3月からニューオーリンズで撮影が始まる予定であったというが、監督がいなくなってしまったいま、製作に遅れがでることは必至で公開予定日が2019年2月14日から同年6月7日に変更された。

フォックスはその一方で、『ガンビット』と同じく『X-MEN』のスピンオフ映画である『デッドプール2』(仮題)の公開日を今年6月1日から5月18日に2週間繰り上げ。大ヒットするであろう『ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー』(5月25日公開)より先に観客を取り込んでしまおうというのが狙いか。また、『X-MEN』のスピンオフ映画『The New Mutants』(原題)の公開日は今年4月13日から来年2月22日へと約10か月遅らせるという。これは同じ『X-MEN』仲間の『デッドプール2』と『The New Mutants』が、劇場で同時期に上映されて観客が分散するのを防ぐためのようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国で最も有名な日本のキャラクターは何だろう?韓国ネットで人気論争が勃発
優香、匂い立つ色気で見せた新境地がすごすぎる!「生々しく伝われば」
『ロング,ロングバケーション』、著名人より大絶賛コメントが続々到着...!
紳士ブラウンさんが痛恨のミス!『パディントン2』悪口丸聞こえな面会シーン
【映画コラム】昔のB級SF映画のにおいがして楽しい『ジオストーム』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加