【加計学園問題】「首相案件」文書 内閣府からは見つからず 梶山弘志地方創生担当相が発表

【加計学園問題】「首相案件」文書 内閣府からは見つからず 梶山弘志地方創生担当相が発表

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/04/17

梶山弘志地方創生担当相は17日の記者会見で、加計学園に関連し、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が「首相案件」と語ったとされる内容が記された愛媛県作成の文書を調査した結果、内閣府では「対象文書は確認できなかった」と発表した。

内閣府は獣医学部新設に関する規制改革事項を担当する現職の職員と、同文書が作成されたとみられる平成27年4月ごろに担当していた当時の職員計33人を対象に、ヒアリングや電子ファイルの探索などを行っていた。

調査対象には、愛媛県職員らと面会したとされる内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(当時)も含まれていた。藤原氏は調査に対し、藤原氏の発言として文書に記された「かなりチャンスがあると思ってよい」などとする内容を「承知していない」と話しているという。

また、愛媛県職員らが首相官邸を訪問した当日、内閣府側が文部科学省の担当者に、県などの訪問予定を伝えたメールが見つかったとの一部報道に、梶山氏は「コメントできる状況ではない」と述べた。

No image

梶山弘志地方創生担当相

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】水難事故装い殺害 浅瀬で顔を沈めたか
【報ステ】自転車ひき逃げ 20歳の大学生逮捕
母が自殺...天涯孤独の男子生徒を教師全員で支えた、とある学校の物語
東京駅の自販機で「売り切れ」続々発生も「頑張れ!」「もっとやれ」の声 背景にサントリーグループの残業代未払い問題
シュノーケリング中の悲劇が一転 夫に殺人の嫌疑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加