名車 シャレードデトマソ をオマージュしたダイハツのカスタマイズ...東京オートサロン2018

名車 シャレードデトマソ をオマージュしたダイハツのカスタマイズ...東京オートサロン2018

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/13
No image

ダイハツブース(東京オートサロン2018)

もっと画像を見る
2018年1月12日に、幕張メッセ(千葉県)において開幕した東京オートサロン2018にダイハツも出展。3つのコンセプトに基づいたカスタマイズカーを出展。

ダイハツは、プレミアム(白)とスポーツ(赤)、アクティブ(青)の3つのコンセプトでクルマをそれぞれカスタマイズ。中でも人の目を引くのが、オートサロンの華とも言えるスポーツ。『ブーン』『トール』『ミラ イース』『コペン』の4車種が、かつての『シャレード デトマソ』(ブース内に展示)を踏襲したレッドとブラックのツートーンカラーに仕上げられ、スポーティさを強調している。

中でもブーンは、『ブーン スポルト パッケージ』として同日に発売開始。そのほかの車種はコンセプトカーだが、すぐにでも市販できそうな現実的なカスタマイズが施されている。会場の担当者はも「反響次第では市販化もあり得るかも」とコメント。

ダイハツブースには、今後の展開も大いに期待できる楽しいカスタマイズカーが揃っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
どうなる2018年「新車販売」 気になる「日本勢への逆風」
せっかく仮想通貨で儲かったのに、確定申告で一文無しに!?
「アパレルが死んだ」とはどういう意味か
ホンダの顔、新型『シビック』が降臨!日米で「OTOKOMAE」な走りを味わってきた
「ニンテンドーラボ」効果で段ボールメーカー株が急上昇 日経ジャスダック平均は「過去最高値」に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加