箱のふたが開くと......ダッシュで駆け付ける子猫がまさに「猫まっしぐら」

箱のふたが開くと......ダッシュで駆け付ける子猫がまさに「猫まっしぐら」

  • おたくま経済新聞
  • 更新日:2019/09/11
No image

あめくんの成長日記(@tik_ame)の飼い主さん提供

猫ってとかく箱に入りたがるものですが、大体の猫は「そこに箱があるから」とか、「箱を見かけたのでつい」といった風情。しかし、箱のふたが開くとものすごい勢いで飛んでくる子猫も。そんな子猫の微笑ましい様子がツイッターに投稿されています。

【関連リンクはこちら】

「箱に入りたすぎる猫」というひと言とともに、その子猫が箱に収まるまでの様子を動画とともに投稿したのは、マンチカンの血を引くミヌエットの男の子、あめくんの飼い主さん。2019年4月24日生まれで現在生後4か月のあめくんは、やんちゃ盛りで好奇心旺盛。

そんなあめくん、飼い主さんがちょうどいい大きさの箱を置いてふたを開けたところを見せると……遠くからすっ飛んでぴょん!箱に飛び乗ってそのままイン!ふたを閉めて完全にすっぽりになるまでがお約束。少しして満足したのか、あめくん、ふたから顔を出して満足気。

No image
No image
No image
No image
No image

あめくんのこの様子に、見た人たちからは「ねこまっしぐら」のコメントが。確かに、まごう事なくまっしぐら。キャットフードのCMもびっくりする勢いです。ここまで爽快なダッシュは何度見ても飽きないくらい。

No image

箱に入りたすぎる猫🐱
— あめくんの成長日記 (@tik_ame)
September 8, 2019
from Twitter

飼い主さんとあめくんの出会いについて聞いてみました。プロフィールに、「ミヌエットの男の子」とあったので、見かけない猫種だな、と思って。ちなみに、ミヌエットはマンチカンとペルシャ猫系の血を引く新しい種類。最近まで「ナポレオン」と呼ばれていたそうですが、2015年5月から今の品種として呼ばれるようになったそうです。

最初は里親サイト等をネットサーフィンしていた飼い主さん。あちこちのサイトを見て回るうちに、あるペットショップのホームページでミヌエットを発見。当初は他の猫種も検討していたそうですが、実際に会いに行ってみたところ、運命的なものを感じ、あめくんをお迎えすることに。

ミヌエットは子猫の頃は活発な性格で、大人になると大人しくなるそうですが、あめくんもやはりとても活発な様子。普段も好奇心旺盛、お掃除ロボットや来客にも怯えずに「何だろう?」と近づいていくほど。人懐こさとやんちゃさは人一倍、いや猫一倍といったところでしょうか。

そんな活発なあめくん、飼い主さんが止めなければずっと走り回って遊んでいるほど。たまに静かにしている動画をツイッターに載せると「今日のあめくんは激しくないんですね」というリプライがフォロワーさんから届くことも。

あめくんは箱遊びの他に、水遊びも大好きなんだとか。猫って水を飲むとき以外はあんまり水に触りたがらないことが多いのですが、あめくんは「いつも飲み水をぱしゃぱしゃしてびしょ濡れになってます」とのこと。初めて猫をお迎えした飼い主さん、あめくんのこの様子にはビックリしたそうですよ。

No image

筆者宅にもその辺から拾ってきた子猫がふてぶてしく成長したのが2匹いますが、さすがに両方とも水で遊ぶことはしないですね……。せいぜい、入浴後のお風呂場に侵入して溜まっている水を舐めるくらい。つい、「アンタは妖怪垢舐めかいな」と心中ツッコんでしまいますが……。

あめくんの活発な様子は、飼い主さんが開設しているツイッターで見ることができます。あまり目にすることが少ないミヌエットの様子が目にできますよ。

<記事化協力>
あめくんの成長日記(@tik_ame)の飼い主さん

(梓川みいな)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

猫カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“三角コーン”が好きすぎるトイプードル・きなことSNSフォロワーのおかしな関係性
「お膝を貸してくださいな」保護された子猫が見つけた居心地の良い場所は人間の膝の上だった(アメリカ)
初初体験のストーブに子猫メロメロ お腹全開でしっぽゆらゆら、至福の時間を過ごす
名前を呼ばれると → 顔半分だけがひょこっ♪ 紙袋に入った猫さんの「お返事」が可愛らしかった♡
【先住犬のぬくもり】保護されたひとりぼっちの子ネコ。彼女が見つけた温かい居場所は...。(70秒)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加