桜島が2度の爆発的噴火 大噴石、小規模火砕流に警戒を 気象庁発表

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/10/13

気象庁は13日午後4時、桜島=火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続=についての解説情報を発表。10日から13日午後3時までの間、桜島は活発な噴火活動が続いており、昭和火口では、噴火が13回発生。このうち2回が爆発的噴火。噴煙は、最高で火口縁上1900メートルまで上がった。弾道を描いて飛散する大きな噴石は、最大で5合目(昭和火口より500メートルから800メートル)まで達した。

南岳山頂火口、および昭和火口から1キロを超えて飛散する大きな噴石や、小規模な火砕流を伴う爆発的噴火が、引き続き発生するおそれがある。南岳山頂火口では、噴火は観測されていない。

火山性地震は、少ない状態で経過している。噴火に伴う火山性微動が発生した。姶良カルデラ(鹿児島湾奥部)の地下深部へのマグマ供給が継続しており、今後も噴火活動が継続する可能性がある。

=2017/10/13 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パートナーに蹴られた盲導犬、無事保護され嬉しそうに駆け回る姿が公開!
東京タワーの下で「スミマセ〜ン」振り向いたら丸出しの外国人 港区
台風21号の接近が早くなりました
テルモの医薬品工場 機械に上半身挟まれ男性死亡
【広範囲で休校も】台風直撃で休校レベルの暴風警報発令多数か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加