コミック「ブラッドショット」映画化にビン・ディーゼル主演か?

コミック「ブラッドショット」映画化にビン・ディーゼル主演か?

  • 映画.com
  • 更新日:2018/01/12
No image

ビン・ディーゼル Photo by James Devaney/WireImage

米ソニー・ピクチャーズがバリアント・エンターテインメントのコミック「ブラッドショット(原題)」を映画化する新作に、ビン・ディーゼルが主演交渉中であることがわかった。

米Wrapによれば、ソニーはバリアントと、コミック「ブラッドショット」「ハービンジャー」を含む映画化5作品を製作する契約を結んでいる。本作はそのうちの1本となり、少なくとも続編1本、「ハービンジャー」シリーズ、そして2作のクロスオーバーを企画しているようだ。

元殺し屋のブラッドショットは、FBIの人体実験によって思考を消去され、超人能力と自己再生能力を持つ不死身の兵士となるが、わずかに残った記憶の断片を頼りに、自分を裏切った者たちに復讐を試みるというキャラクター。映画「ブラッドショット(原題)」は昨年、ジャレッド・レトが主演を検討していると伝えられたが、現在はディーゼルが筆頭候補だという。

もし、ディーゼルが主演契約を結べば、「ワイルド・スピード」シリーズのプロデューサー、ニール・H・モリッツと再タッグを組むことになる。脚本を手がけるのは、「メッセージ」のエリック・ハイセラー。監督には、「ジョン・ウィック」のデビッド・リーチチャド・スタエルスキを含む複数の名が挙がっているが、まだ正式に発表されていない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1月19日の注目映画第1位は『サニー/32』
松坂桃李がアルバイトの初給料で買ったものは?
人生いろいろ、映画もいろいろ、選考もいろいろだ
【映画コラム】昔のB級SF映画のにおいがして楽しい『ジオストーム』
女優5人そろえば迫力は「和製セックス・アンド・ザ・シティ」!監督の失言に“総口撃”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加