阿部 2000安打を支えた「ミート力」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

阿部の父・東司さんも、高校時代の監督・中根康高氏も「慎之助はミートがうまかった」と口を揃える。象徴的なシーンがある。13年3月12日、WBC2次ラウンドのオランダ戦(東京ドーム)。大会史上初となる1イニング2本塁打を放った一戦だ。

東司さんの会社事務所に飾られている記念バットの中に、その試合で本塁打を打った2本のバットも飾られている。ボールを捉えた跡がくっきりと残るが、2本とも、ほぼ同じ箇所に、跡が残っている。東司さんは「これを見たときは驚いたね。慎之助には“このバットは人にあげたりしないで”と言われてね。大事にしているんだよ」と振り返る。

体勢が崩されても、狙い球が外れても、バットの芯に当てる技術は球界屈指。2000安打は「ミート力」が支えていた。(川島 毅洋)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武栗山サヨナラ弾!菊池雄星12勝目、楽天3連敗
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
日本ハム井口が反則投球「投球動作を止めている」
新庄剛志氏 槇原寛己氏の敬遠球を打った時にホームベースは...テレビで真相初告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加