米アカデミー賞新会長が決定!予想外の結果に驚きの声

米アカデミー賞新会長が決定!予想外の結果に驚きの声

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/08/10
No image

映画芸術科学アカデミー新会長に決まった撮影監督のジョン・ベイリー - Rodrigo Vaz / Getty Images

アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミー(A.M.P.A.S.)の新会長に、『アメリカン・ジゴロ』『普通の人々』『恋愛小説家』などのベテラン撮影監督ジョン・ベイリー(75)が選出された。A.M.P.A.S.が発表した。

華やかなレッドカーペット!第89回アカデミー賞フォトギャラリー

前会長は初のアフリカ系で、女性としては30年ぶり3人目となったシェリル・ブーン・アイザックス。新会長の有力候補として名前が挙がっていたのは、キャスティングディレクターのデヴィッド・ルービン、女優のローラ・ダーンらだったため、ベイリーの選出は驚きをもって受け止められている。

The Hollywood Reporter によると、有力候補だったダーンは多忙であることを理由にノミネートを断り、ルービンのサポートに回っていたとのこと。そしてルービンとベイリーの一騎打ちとなり、ベイリーが勝利した。

ベイリーは14年にわたってA.M.P.A.S.の撮影監督部門の代表を務めてきたほか、1996年に理事会に初選出。1999年に再選して2002年まで務め、2010年、2013年、2016年にも再選したベテラン。一方のルービンが理事会に選出されたのは2013年と2016年、ダーンは2016年初選出で、保守的な層がベイリー支持に回ったようだ。アイザックスの下、「多様性」を合言葉に改革を進めてきたアカデミー賞が今後どのような道を進んでいくのか、注目だ。(編集部・市川遥)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「愚かな行為だった...」ゴールパフォで大怪我のアタッカーが“悲劇”の瞬間を振り返る
内田篤人の移籍容認は苦渋の決断...シャルケSD「簡単ではなかった」
大阪桐蔭との試合で1塁手の足を蹴っていた!? 仙台育英の選手の走塁がネットで議論・炎上中
シャルケ内田、独2部ウニオン・ベルリンへ電撃移籍 1年契約、背番号は「2」に決定
「アツトに心からの感謝を」内田篤人、7年過ごしたシャルケに別れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加