【玉ノ井親方 視点】攻めの形できている鶴竜 悪い癖に注意を

【玉ノ井親方 視点】攻めの形できている鶴竜 悪い癖に注意を

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/22

◇大相撲初場所8日目(2018年1月21日 両国国技館)

No image

正代(左)を上手出し投げで破る鶴竜

鶴竜は正代とは過去5戦5勝。一緒に稽古もしていて、どういう相撲を取るか分かっているから、この日もいつもみたいな右差しの形を考えていたと思うよ。でも、給金相撲ということでちょっと硬くなっていた。差しにいったけど、うまく中に入られて、逆に左を差されてしまった。ただ、今場所は体がよく動いている。その後、うまく上手を取って、最後は開いて出し投げ。正代の右足が滑ったような感じで勝負が決まった。

これで8連勝で勝ち越し。休場明けの場所だから、横綱といえども内心ホッとしていると思うよ。今場所は終始攻めの形ができているのがいいね。ただ、疲れが出てくる後半戦は気力勝負になる。攻め込まれた時に回り込むのはいいけど、引きながら回り込む悪い癖を出さないように注意する必要がある。(元大関・栃東)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
春日野親方“隠ぺい”否定 式守伊之助セクハラ行為は示談が成立
炎鵬 白鵬から「5月場所までに110キロ」指令 3カ月で18キロ増!
東関部屋が部屋開き 弟子への愛詰まった快適間取り
東関部屋が部屋開き「まず最初に関取を出すこと」
東関親方 住み込み実現に「若い子と顔を合わせられるから安心」移転先で部屋開き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加