東京パフォーマンスドール、初の配信シングルは「等身大で王道なラブソング」

東京パフォーマンスドール、初の配信シングルは「等身大で王道なラブソング」

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/12/06
No image

東京パフォーマンスドールの浜崎香帆、橘二葉、高嶋菜七(写真左から)

東京パフォーマンスドールが初の配信シングル「現状打破でLove you」を12月6日(水)にリリース! この楽曲を歌う6人の選抜メンバーの中から高嶋菜七、浜崎香帆、橘二葉に話を聞いた。

【写真を見る】まさに現状打破!な勢いのあるポーズを披露

橘が初めて振付を担当し、恋する女の子の気持ちを歌った「等身大で王道なラブソング」に懸ける彼女たちの思いは?

12月23日(土)、24日(日)には年内最後の東京・CBGKシブゲキ!!公演も控えている彼女たちの2017年の回顧と2018年への意気込み、さらにはクリスマスの思い出話も…。

――ことしもWEBサイト「ザテレビジョン」に度々ご登場いただき、ありがとうございます!

橘二葉:(5月の記事を見て)うわー、黒髪だー!(笑)

――髪色がGlitterする以前の記事ですね。そんなイメージチェンジ後では初のシングル「現状打破でLove you」は、初の配信リリース。ライブでは既に何度かお披露目されていますね。

浜崎:フルバージョンでは11月23日の「TPD Presents THE LIVE SUMMIT vol.2」で初めて披露しました。今回の曲は女の子の恋心を歌っていて、同世代の女子に共感してもらえるような曲になっていますね。

ファンの皆さんからもかわいいねって言われて人気急上昇中の曲だったので(笑)、リリースできるって聞いたときはうれしかったです。

橘:私が初めて振付を担当した思い入れの強い曲でもあったし、同世代や中高生の方々にも聴いていただけそうな内容のPOPチューンだったので素直にうれしかったですね。MVを初めて見たときは自分の振付が映像になっているのが不思議な感じでした。

ファンの方も一緒に踊れるところもあるので、特典会でも「いいね!」って言っていただけてうれしいです。

高嶋:今までのTPDにはあまりなかったキュートな一面が見られる曲だし、これが新たなTPDの強みになったらいいなと思います。かなり等身大で王道なラブソングなので。

浜崎:今までは「恋」というよりは「夢」を歌うことが多かったですね。

橘:好きな男の子に告白したいけど、なかなか現状打破できなくて悩んでいる女の子の背中を押せる曲になっているので、中学生くらいの子に共感してもらえやすいと思います。

高嶋:中学生限定?

橘:そういうわけじゃないけど(笑)、特に中高生に。

浜崎:女子ってこんな感じなんだよ!ということを、男性にも知ってほしいですね。

高嶋:いろんなタイプの女の子がいるけど、恋をするとみんな不安になるんだよ、っていう“女子あるある”ですね。

女の子はこうなんだから、もっと男の子の方からガンガン行こうよっていうのも裏テーマ。最近、草食系男子が多い中、肉食になろうよっていうメッセージでもあります(笑)。

――そういう意味では、歌詞の主人公を現状打破できない男の子に置き換えて聞いても成立するかも知れませんね。

高嶋:あー、それも面白いですね。

――今回のシングルは派生ユニットとは違う東京パフォーマンスドール名義としては、初の選抜メンバーによる楽曲になりますね。

高嶋:全員で歌う曲とはフォーメーションも違ってくるし、MVも見せ方がいつもと違うので、そこが一番難しかったです。

浜崎:ソロパートが増えた…というか、ソロパートしかないくらいの曲なので、一人一人の歌声を今まで以上に聞いてもらえるなって思います。MV撮影のときは「人数少なっ!」って思ったのが一番の印象でしたけど(笑)。

橘:移動の車もいつもだったら(人数が多くて)席パンパンだったのが、今回は余裕がありました(笑)。

――少人数で活動してみて、新たに気付いたメンバーの一面はありますか?

高嶋:少し前に名古屋の対バンイベントにこの曲のメンバーだけで出演して、いつも9人全員で歌っている他の曲もやったんですよ。そのときは人数の少なさを実感しました。いつもの倍くらいエネルギーが必要になる。大人数って強みだったんだなって、あらためて気付きました。

――MVも皆さんのナチュラルな魅力がたっぷり出ていますね。

浜崎:今回は初めて女性の監督さんだったんですよ。今の世代の流行も取り込んで、女性目線で撮ってもらえたなと思います。

橘:メークもマスカラをピンクにしたり、いろいろこだわっていて。セットもかわいかったし、小物を使ったMV撮影も初めてでしたね。

高嶋:犬やウサギの縫いぐるみだったり、スノードームだったり。自分たちがかわいいなと思っていたことができてうれしかったです。

――さて、いよいよ2017年も終わりに近づいていますが、アルバムやミニアルバムのリリース、中野サンプラザでのコンサートといろいろあった1年を振り返って、印象に残っていることはありますか?

橘:私は髪を染めたのが一番ですね。髪の色が明るくなると、気持ちもアガります。

――それは何色と言ったらいいんですか?

橘:何色なんでしょうね。私もよく分かってないんですけど、不思議な色です(笑)。

浜崎:ミルクティーアッシュ? ブリーチが落ちた、みたいな色?

橘:それは言い方ちょっと違うから(笑)。

浜崎:私は夏に菜七ちゃんと一緒に出させていただいた舞台音楽劇「魔都夜曲」ですね。

夏ってアイドルフェスが多い時期でもあるし、ミニアルバム「Summer Glitter」のリリースイベント期間でもあったので、並行するのが大変でしたけど、自分にとって新しい扉を開いていただけました。

TPDの活動も頑張るけど、もう1つの道として舞台もやっていきたいなと思えるようになった夏でしたね。

高嶋:私もあの舞台は大きかったですね。2人がTPDのリハーサルやライブイベントに出られないこともあったんですけど、他のメンバーそれぞれが率先してセットリストやMCについて意見を出し合うようになって、たくましくなっていったんですよ。

舞台の魅力を知ることができた一方で、グループの成長に触れてあらためてTPDが好きになったっていう、2つのことを得られました。

――12月23日(土)、24日(日)には年内最後のCBGKシブゲキ!!公演も控えていますね。

高嶋:2日間でTPD DASH!!の公演やFCイベントも含めて5公演ですからね。23日の夜はアップテンポな曲を集めて、激しくてエモーショナルなライブを楽しもう!って感じです。

24日の昼はクリスマスっぽい曲も歌う…かな? ロマンティックな公演です。そして、最後はTPD DASH!!も含めてファミリー全員そろって、いい締めができたらいいなと思います。

――12月31日(日)が誕生日の高嶋さんの一足早いお祝いも…?

高嶋:21歳のバースデーですね。それも楽しみにしています。

――そんなライブ日程にちなんで、これまでのクリスマスの思い出も聞かせてください。

高嶋:家族と一緒に過ごした記憶が一番ですね。おじいちゃん、おばあちゃん、いとこ…と、みんなで集まって、ケンタッキーのチキンとおばあちゃんや母が作った料理でパーティーをしていました。

――プレゼントをもらったんですか?

高嶋:うちの家族はそういうのがなかったんですよ(笑)。昔はサンタさんが来ていましたけどね…私が信じてたころまでは。あ、サンタさんはいますよ! プレゼントのそばにヒゲが落ちていたことがありますから(笑)。

橘:私も小さいころのパーティーが思い出に残っていますね。ツリーを飾って、ケンタッキーとピザで。そのころに撮ったビデオがあって、少し前に実家に帰ったときに見たら懐かしかったです。画質は古かったですけど(笑)。

浜崎:私は毎年、ピアノの発表会があって、それが楽しかったですね。

高嶋:えー、ピアノの発表会って、楽しい~!?

橘:ないない。私も習っていたけど、発表会がイヤでやめたくらい。

浜崎:発表会っていうか、先生の家でね。友だちや弟と連弾するのが楽しかった。

高嶋:あー、そういうホームパーティーっぽいのだったら、楽しそう。発表会って言うから、何とかホールみたいなところかと思った。

浜崎:そういうのは春にやっていたかな(笑)。

――クリスマスが終わると、2018年も間近。最後に来年の目標をお願いします。

浜崎:今回のリリースもそうですけど、今まで以上に同世代の子にももっと届けていきたいですね。TPDのこのファッションかわいい! この曲かっこいいとか言ってもらえるような。

橘:今回初めて振付を担当して、新しいチャレンジをできたと思うので、来年もまたできたらいいなと思います。

――次はフルメンバーの楽曲とか、自分が参加してないユニット…いっそのこと、TPD DASH!!さんの振付をしてみます!?

橘:あ、いいですねー!

高嶋:2017年は中野サンプラザでライブをしましたけど、来年もまた大きい会場でやりたいですね。野外でライブもしたいし、生バンドでもやってみたい。

個人的には作曲もしてみたいです。とにかく新しいチャレンジの年になったらいいですね。(ザテレビジョン・取材・文=青木孝司)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GLAYが結婚式での曲使用に限り著作隣接権料を徴収しないと発表
「B’z」が「Rolling Stone Japan」の表紙に登場
何故ここに「城島茂」の名が!松岡昌宏とリーダーのまさかの縁
DOLL$BOXX、ツアーファイナルで来年4月のワンマン公演を発表
茅野愛衣さんが日本酒を飲み食べる「かやのみ」イベント決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加