サニブラウン 伸び欠き7位、日本選手14年ぶりメダルならず

サニブラウン 伸び欠き7位、日本選手14年ぶりメダルならず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

陸上の世界選手権第7日は10日、英ロンドンで行われ、男子200メートル決勝に出場したサニブラウン・ハキーム(18=東京陸協)は20秒63で7位だった。優勝は20秒09でラミル・グリエフ(27=トルコ)だった。

No image

世界陸上男子200メートル決勝 サニブラウン(左)は7着に終わる(AP)

同種目最年少で決勝進出したサニブラウンは第8レーンからスタート、前半は健闘したが、ゴール前で強豪の追い込みに屈した。2003年パリ大会で3位に入った末続慎吾以来となるメダルには届かなかった。400メートルとの2冠を狙ったウェード・ファンニーケルク(25=南アフリカ)は0秒02差の2位だった。

この種目これまでの最年少決勝進出は2005年ヘルシンキ大会に18歳355日で8位となったウサイン・ボルト(ジャマイカ)。10日の決勝当日でサニブラウンは18歳157日。

▼サニブラウンの話 あまり押せなくて悔しい。もう1段行ければメダルに食い込めた。前半は良かった。(今大会は)フルに力を発揮できなかったがここまで来られて、今後につなげられる経験になった。(400メートル)リレーは様子見て出られれば貢献できるようにしたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「パウダー使用で卵巣がん」 J&Jに460億円の賠償命令 米
クッキングペーパー1枚だけ! ズボラ男子のためのかんたんすぎる晩酌レシピ【料理ハック】
魚の腐ったような体臭が...「ニオイで苦しんだ少女」の病気とは
海老蔵ファミリーとハワイ滞在中の小林麻耶の写真が麻央さんに激似と話題!
どうしても気になる!年齢差のあるカップルが抱いているエッチの悩み4つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加