最新ランキングをチェックしよう
サニブラウン 伸び欠き7位、日本選手14年ぶりメダルならず

サニブラウン 伸び欠き7位、日本選手14年ぶりメダルならず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

陸上の世界選手権第7日は10日、英ロンドンで行われ、男子200メートル決勝に出場したサニブラウン・ハキーム(18=東京陸協)は20秒63で7位だった。優勝は20秒09でラミル・グリエフ(27=トルコ)だった。
 同種目最年少で決勝進出したサニブラウンは第8レーンからスタート、前半は健闘したが、ゴール前で強豪の追い込みに屈した。2003年パリ大会で3位に入った末続慎吾以来となるメダルには届かなかった

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
美黒グラドル橋本梨菜、日焼け跡のグラデーションが超セクシー
カーリング女子。マナーを知らぬ韓国ファンが、逆に日本の勝利を呼ぶ
【悲報】ノンスタイル石田さんの『#医者に言われた衝撃的な一言』が衝撃的すぎて心配の声多数「マジで大丈夫なのか...」
千葉に行ったら必ず食べたい!ハズレなしの絶品グルメ12選
【平昌五輪】フィギュア男子・エキシビジョンの練習風景が話題! 羽生結弦の “カーリングごっこ” や宇野昌磨の “おやつタイム” にネットの声「可愛さも金メダル!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加