大谷翔平メジャーも二刀流「1番の選手になりたい」

大谷翔平メジャーも二刀流「1番の選手になりたい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

日本記者クラブで会見し、メジャーリーグ挑戦を表明する大谷(撮影・野上伸悟)

日本ハム大谷翔平投手(23)が、投打二刀流で世界の頂点に立つ、壮大な夢を語った。11日、東京都内の日本記者クラブで会見し、今オフにポスティングシステムを利用してメジャーに挑戦する意向を正式に表明した。進化を続ける二刀流は海を渡っても継続するつもり。唯一無二の存在として世界一に駆け上がる目標を掲げた。ファン、栗山監督らへの謝意を表し、常識を打ち破った5年間にけじめをつけた。

晴れやかだった。5年前の入団会見と同じように、大谷は真っすぐに前を見つめて夢を語った。

大谷 プレーしている中で、1番の選手になりたい。野球は何をもって1番かというのは測りにくいけど、ファンの方やいろんな人たちから、彼が1番だと言ってもらうことは幸せなことだと思う。そういう選手を目指して頑張っていきたいです。

二刀流には当初、批判が渦巻いていた。「最初は、ごく少数の人しか思い描いてなかった」。それが今や代名詞となった。ファンは二刀流を見に球場に足を運ぶ。「今は期待してくれている人がたくさんいる。もう自分だけのものではないのかなというのもある」。桁外れの才能で世間の見方を変えた。そしてメジャーを変える。メジャーでの二刀流の成功例は1918年のベーブ・ルースにまでさかのぼるが、「継続してきたものをさらに伸ばしたい。どこかひとつあきらめるということは今の時点では考えていない」。二刀流のまま、海を渡る決意をはっきりと口にした。

キャッシュマンGMが自ら来日したヤンキースをはじめ、多くの球団が興味を示している。「まだまだ足りない部分の方が多い選手だと思っている。自分をもっと磨きたい。そういう環境に自分を置きたい」。飽くなき探求心。この日も会見後すぐに、千葉・鎌ケ谷の2軍施設に戻ってリハビリを行った。今後は代理人のネズ・バレロ氏と、世界一の選手になるために最適な場所を探していくことになる。

花巻東高時代からあこがれたメジャーが現実的に思えたのは、昨季日本一のとき。「ひとつ達成感があった。(メジャーに)やっぱり行きたい気持ちが大きくなった」。昨年9月28日の西武戦では1安打完封でリーグ優勝を決め、広島との日本シリーズではサヨナラ打も放った。メジャーでも二刀流としてワールドチャンピオンに輝けば、全米が世界一の選手と認めるだろう。

「そこ(ワールドシリーズ)は必ず、世界一の選手を目指していくうえで、通るべき場所だと思っている。野球をやっていくうえで最終目標。ぜひ経験してみたいです」。マンガを超越した感動的なストーリー。夢を追い続ける大谷の姿に、ファンも夢を重ねている。【本間翼】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍MVP外崎の青森実家リンゴ園は「今忙しい時期」ネット直販で現在は予約完売
能力生かさにゃ!阪神・矢野2軍監督、フリー7発の藤谷に二刀流させる
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
侍にリンゴスター誕生 外崎が3戦6安打4打点でMVP 青森の実家はリンゴ園
ソフトB2位・高橋熱望「工藤塾」入門
  • このエントリーをはてなブックマークに追加