リトルなでしこ連覇王手 決勝で北朝鮮にリベンジだ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20

<女子U-17W杯:日本3-0スペイン>◇準決勝◇17日◇ヨルダン・アンマン

リトルなでしこが2連覇に王手をかけた。日本が3-0で前回大会準優勝のスペインに完勝し、決勝進出を決めた。前半14分にFW高橋はな(16=浦和レッズレディースユース)が先制点を挙げ、後半3分には相手のオウンゴールで追加点。後半31分にも再び高橋が、自ら獲得したPKを決めた。21日(日本時間22日)の決勝は、昨年11月のU-16(16歳以下)アジア選手権決勝で敗れた北朝鮮と対戦する。

若きなでしこが、決勝への扉を開いた。0-0の前半14分、FW高橋が左サイドからのクロスに滑り込んで合わせて先制点。2-0の後半31分にはPKを決めた。「チームのみんなに感謝している」と喜んだ。

誰が出ても強い。準々決勝から先発を5人変更。楠瀬監督の「一番状態のいい選手を使う」との采配が的中した。スペイン戦で最優秀選手に選ばれた高橋も、準々決勝は出番なし。5試合19得点は出場国中最多で、得点者はFW植木、遠藤、高橋、MF宝田、千葉、野島、菅野、宮沢と8人いる。試合ごとにヒロインが出る。中4日のスペインに対し、日本は中3日だったが層の厚さでカバーした。

決勝の相手は昨年11月のU-16アジア選手権で0-1と敗れた北朝鮮。2点目のオウンゴールを誘発したクロスを供給した冨田は「リベンジだと思って絶対優勝したい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハリル監督は日本サッカーの何に苛立っているのか
桐蔭学園「単独優勝できるように」東の横綱が闘志
走り、楽しみ、勝つ! 夏の雪辱を狙う埼玉栄<ウインターカップ出場校紹介7>
ナシオナル・メデジン来日「シャペに捧げる戦いを」
選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキングを発表!! あなたの出身地は何位?ているのは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加