【J1採点&寸評】広島0ー0大分|広島がペースを握るもゴールが遠く。MOMは粘り強く守った大分からGK高木を選定!

【J1採点&寸評】広島0ー0大分|広島がペースを握るもゴールが遠く。MOMは粘り強く守った大分からGK高木を選定!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/08/25
No image

広島に攻め込まれるもゴール前では体を張って守った。特にGK高木駿は出色の出来。写真:徳原隆元

No image

【警告】広島=なし 清水=なし 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】高木 駿(大分)

No image

ここ数試合、途中投入され流れを引き寄せてきた青山敏弘。写真:徳原隆元

No image

【警告】広島=なし 清水=なし 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】高木 駿(大分)

[J1リーグ24節]広島0ー0大分/8月24日/Eスタ

【チーム採点・寸評】
広島 6.0
試合を通して大分に強い圧力をかけながらゴールに向かったが、勝点3をつかみ取れず。青山、レアンドロ・ペレイラを投入してもこじ開けられなかった。

【広島|採点・寸評】
GK
38 大迫敬介 6.0
49分にパスミスから大ピンチを招くプレーもあったが、クロス対応はまったく危なげなかった。

DF
2 野上結貴 6.0
スピード勝負を挑まれても冷静に対処。攻守においてハイネルとの関係はまだ向上の余地がある。

23 荒木隼人 6.0
一番後ろでオナイウと1対1になる場面もあったが、危うさはなかった。49分のピンチは素早く切り替えて守る。

19 佐々木翔 6.0
柏の背後を突かれるシーンもあったが、危ないところを消して対応。いいタイミングで攻撃にも出た。
MF
44 ハイネル 6.0(78分OUT)
攻守共にガツガツとプレー。守備もサボらずファイトしたが、もっと敵陣で違いを作り出したかった。

40 川辺 駿 6.0
いいバランスを保ちながらゲームを進め、シャドーに入ってからはいい場所に入り込んでチャンスを生み出していた。

15 稲垣 祥 6.0
常にボールを奪いに行く機会を窺いながら戦っていた。守備センスの高さが光る90分間だった。

18 柏 好文 6.0
この日も動きにキレがあった。中央へのランニングも利いていたが、ゴールはこじ開けられず。
24 東 峻希 6.0(57分OUT)
うまく周囲と連係して前を向いた。前半にはクロスに飛び込んでヘディングを放つも、GKに阻まれた。

14 森島 司 5.5
シュートは高木に弾き返された。シュートシーンで余裕が持てるようになれば、もう一皮むけそう。

FW
20 ドウグラス・ヴィエイラ 5.0(66分OUT)
ポストプレーの質は高く、守備への切り替えも速かったが、得点を奪えないため低評価に。
交代出場
MF
6 青山敏弘 5.5(57分IN)
相手の急所を突くパスは入れられず、流れを大きく変えるところまで持っていけなかった。

FW
39 レアンドロ・ペレイラ 5.5(66分IN)
ゴール前でボールは収めた。存在感はあったが、大分DFのタイトな守備をはがせなかった。

3 エミル・サロモンソン ー(78分IN)
右サイドの攻防を落ち着かせたが、スピードアップしてゴールへ向かう場面は作り出せなかった。

監督
城福浩 6.0
プラン通りにゲームを進め、打つべき手も打ったが、得点を奪うことができず悔しい勝点1に終わった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【大分|採点・寸評】
GK
MAN OF THE MATCH
1 高木 駿 6.5
シュートに鋭く反応して好セーブ。特に試合終盤は集中力を研ぎ澄ませてボールに飛びついた。

DF
3 三竿雄斗 6.0
縦パスに厳しくいけない場面もあり、スペースを突かれる場面もあったが、粘り強く対応し続けた。

5 鈴木義宜 6.0
ドウグラス・ヴィエイラに起点を作られていたが、ゴール前では身体を張って守った。

29 岩田智輝 6.0
圧力を受けてボールロストも多くなったが、ゴール前では冷静に対応して無失点に貢献した。
MF
6 小林裕紀 5.5
とにかくバランスを崩さないように努めていた。劣勢を挽回する手立てはなかなか見つけられず。

7 松本 怜 6.0
サイドに入っているだけなく中にも入ってくる柏に対応しながら、長い距離を走って駆け上がった。

32 前田凌佑 5.5(86分OUT)
効果的な縦パスは入れられなかった。後半はやや挽回して攻撃時間を捻出も、我慢の試合になった。

50 田中達也 6.0
ハイネルとのスピード対決は見ごたえあった。突破してファふぬウルをもらう場面もあり、守備でも奮闘した。
FW
14 小塚和季 5.5(65分OUT)
49分の絶好機はせめてシュートまで持ち込みたかった。攻撃のキッカケは作ったが、脅威は乏しかった。

37 嶋田慎太郎 5.5(73分OUT)
J1初先発の試合は守備に奔走する時間の方が多くなり、攻撃面で存在感を示すのは至難だった。

45 オナイウ阿道 5.5
なかなかボールが入らなくても、パスを引き出す動きは続けた。唯一のシュートはGK正面だった。
途中出場
FW
27 三平和司 5.5(65分IN)
よく足を動かして相手に圧力をかけた。欲を言えば、質を上げてフィニッシュにつなげたかった。

MF
19 星雄次 5.5(73分IN)
カウンターにつながりそうなシーンもあったが、際どい形まで持ち込むことはできなかった。

MF
40 長谷川雄志 ー(86分IN)
アディショナルタイムも含めて緊迫した状況の中、無失点で終えて仕事を果たした。

監督
片野坂知宏 6.0
思い出の詰まったエディオンスタジアムで初めて指揮を執り、耐えて勝点1をつかみ取った。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
播戸「悔いはない」 古巣・G大阪で引退セレモニー
鹿島が来たぁ~!首位・FC東京に勝ち点1差、直接対決2-0快勝
マラソン東京五輪代表内定の中村匠吾、設楽の逃げにも「焦ることなく」余裕持ち勝負
[MOM636]流通経済大FW山口大輝(4年)_得意の“開幕弾”、最下位脱出
J1大分7戦ぶり勝利 三平&伊佐、今季初ゴール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加