「若手は彼から何かを得てほしい」 好調の本田圭佑にパチューカ指揮官も脱帽

「若手は彼から何かを得てほしい」 好調の本田圭佑にパチューカ指揮官も脱帽

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/04/16
No image

本田圭佑、リーグ戦10点目を含む1ゴール1アシストの活躍【写真:Getty Images】

サントス・ラグーナ戦でリーグ戦10点目を含む1ゴール1アシストの活躍

パチューカの日本代表FW本田圭佑は現地時間14日、リーガMX(メキシコリーグ)後期第15節サントス・ラグーナ戦に先発出場し、1得点1アシストの活躍を見せて3-1の勝利に貢献した。今季リーグ戦通算10ゴール目とパフォーマンスが上がり続けている本田だが、スペイン紙「マルカ」メキシコ版によると、指揮官からの信頼は日ごとに厚くなっているようだ。

本田は前半24分にペナルティーエリア手前で縦パスを受けると躊躇なくカットインし、得意の左足を振り抜くと“らしい”強烈な一撃がゴール左隅に突き刺さり、メキシコ移籍後公式戦13ゴール目をマークした。このファインゴールで乗った本田は、前半30分にも相手最終ラインを崩すスルーパスでDFエリック・アギーレのゴールをアシスト。しっかりと結果を残した。

現地メディアでは「トゥソスの攻撃をオーガナイズしていた」など不可欠な存在として称えられているが、現場レベルでもそれは同じようだ。チームを率いるディエゴ・アロンソ監督は「パチューカは競争が常に存在するチームで、限界まで近づいた時に最高のプレーが出る。今日の試合でもそれを実現し、少しずつ我々はアイデンティティーを取り戻している」と、不調に終わった前期リーグと後期リーグ序盤戦からの復調に手ごたえを感じつつ、本田についてもこう触れている。

「ホンダは以前から素晴らしいプレーをしていたが、今日は彼のプレーに脱帽したいと思う。そのインターナショナルレベルの彼から若手は何かを得てほしいものだ」

昨夏の移籍直後こそ負傷で出遅れたものの、本田は結果を残すことで周囲を認めさせている。パチューカの若手選手に好影響を与えている背番号02は、西野朗新監督が就任した日本代表のロシア・ワールドカップメンバー入りへ、継続してアピールしている。

(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「あのハセベがまさかの...」日本代表主将、長谷部誠が独メディアも驚く愚行で一発退場!
フクヒロ退社意向の再春館、日本協会に告発状提出
「ハセベには予兆があった」エルボーで一発退場の長谷部誠を地元紙が辛辣批評!
敵地でリヴァプール撃破なるか...ローマ、CL準決勝第1戦に22選手招集
ロシアW杯での「VAR」採用に追い風? “先進国”イタリアでは好影響を示すデータも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加