ソニー、顔が“金色”のアイボ11台をチャリティーオークション 生物多様性保全活動に寄付

ソニー、顔が“金色”のアイボ11台をチャリティーオークション 生物多様性保全活動に寄付

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2017/12/05
No image

ソニーは12月5日、WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)の生物多様性保全活動への寄付を目的としたチャリティオークションを実施すると発表した。特別仕様のaibo(アイボ)11台を「ヤフオク!」に出品し、落札金の全額を寄付する。

出品されるアイボは、頭部を限定色の「Ivory White Gold Quartz Edition」としたチャリティ専用モデル。シリアル番号「No.0000001」から「No.0000011」の11台で、落札者が12月26日(火)までに購入手続きを済ませると、2018年1月11日(木)のアイボ発売日に届く。

チャリティオークションは2017年12月5日(火)の午前11に開始し、12月9日(土)の午後10時に終了する予定。落札金額のうち本体と「aiboベーシックプラン3年一括」「aiboケアサポート3年」の税込み合計金額である36万9360円を除いた金額が落札者個人の寄付金として、また11台分の税込価格相当額をソニーからの寄付金とする。

aiboは、1999年から06年までに累計15万台を販売した犬型ロボットの後継機。オーナーとやりとりしたデータをクラウド上に収集・蓄積し、搭載するAI(人工知能)に反映、賢く進化するのが特徴。17年11月1日から予約を受け付け、初回生産分は30分で完売した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
シトロエン『C3』vs VW『cross up!』小粋で楽しいヨーロピアンコンパクトの魅力
あの「リッツ」そっくりの商品が店頭に並び始めたワケ
仮想通貨を“掘り当てる”マイニングの極意とは?
2017年のふるさと納税お礼品人気ランキング年間1位は上半期に続き「○○牛」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加