MacBook ProでWindows動作時のノイズ問題、Appleが対処

MacBook ProでWindows動作時のノイズ問題、Appleが対処

  • iPhone Mania
  • 更新日:2016/12/01
No image

新型MacBook ProでBoot Campを使ってWindowsを動作させるとスピーカーからポップノイズが出る問題に、Appleがドライバの更新で対応したことが分かりました。

Appleが更新ドライバを配信して対処

先日お伝えした、新型MacBook Proのスピーカーからポップノイズが出て、放置するとスピーカーが物理的に破損してしまう問題に、Appleが対処しました。

AppleInsiderによると、現地時間11月23日以降にBoot Campをインストールしたユーザーには、ドライバが配信されて更新が完了しています。

それ以前にインストールしたユーザーは、ソフトウェアの更新を確認してインストールする必要があるとのことです。

以下の動画は、YouTubeチャンネルBunker squirrelが公開した、ポップノイズ発生の様子です。

すでに破損したスピーカーの修復はドライバでは不可能

残念ながら、既に破損してしまったスピーカーはドライバを更新しても修復しません。

現時点で、Appleはスピーカーの修理プログラムなどを発表していませんが、続報があり次第お伝えします。

Source:AppleInsider
(hato)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iOS 10.1.1のアクティベーションロックをバッファオーバーフロー攻撃で突破する方法が見つかる
一部のMacBook Proで3〜6時間しかバッテリーがもたない問題
Hamee、“白子ポン酢”の食品サンプル付きiPhone7用ケースを発売
Appleの返金ポリシーを悪用した不正が横行!韓国のアプリ開発4社、改善を要求!
Apple、Samsungよりはるかに多いデジタル広告費を使っていた

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加