時計よ、さらば!サウナをより満喫するために進化したサウナーのルーチン

時計よ、さらば!サウナをより満喫するために進化したサウナーのルーチン

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/16

■連載/カーツさとうの最強サウナ熱伝

No image

(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

前も書いたサウナの基本的な入り方。あの時点では「コレでイイ!」と思ってたけど、ここ1年くらいでまた、色々と創意工夫が出てきましてね。

特にサウナから出る周辺のルーチン。これはもう一度、これで「決定!」ってヤツを見つけたんで、それについて書きたい!

前まではラストサウナ室後……まぁ3回目だったり4回目だったりするんだけど、だいたいこんな感じだった。

ラストサウナ室→汗流し→水風呂→休憩(できれば外気浴)→締めの水シャワー→タオルで体拭いて出る。

この流れですよ。なかには「あ、オレも同じ」という人もいるんじゃないかと思う。

ただこれには弱点があって、特に銭湯サウナの場合は最後の体を拭くときに、別にバスタオルなんか持ってきてないから、普通の体洗ったり、サウナ室内では頭に載せたり、チンポの上にそっと載せたりするタオルで体拭くじゃない? フェイスタオルっていうのか、洒落たいい方すると。

中にはバスタオルを持ってきてる人もいるだろうけど、バスタオルを浴室内には持ってきてないから、シャワーの後の濡れた体でビショショのままバスタオルのあるロッカーまで行くワケにもいかないから、とりあえずは洒落た言い方だとフェイスタオルって呼ばれてる普通のタオルである程度は体を拭いてから浴室を出るもんですよね、マナー的に。

でも、このフェイスタオルで体拭くっていうのが曲者で、前も書いたけど、この時点でこのタオルはかなり濡れてるワケですよ。だからそれを何度も何度も絞って体を拭く。

この“タオルを絞る”っていう作業が、その前の休憩でせっかくフワ~ッとなんかいい気分になってた状態に水をさすんですよね、オレの場合。

人にもよるらしいけと、オレなんかタオル絞る時に、それこぞ鬼の形相でギュゥゥゥゥゥゥゥって絞る癖あるわけ、全身の力使って。高校の時にガソリンスタンドでバイトしたことあって、その時に“タオルっていうか雑巾は死ぬ気で絞る!”って教わってて、それ以来の癖というか修正なんだゅと、そうないと気持ち悪いのね、なんか半分濡れたようなタオルで体拭くのが。

で、ギュゥゥゥゥゥって力入れてタオル絞ると、本当にあのフワ~ッとした気持ちよさから、一気に現実に引き戻されるんですよね。目がシュッって覚めちゃうというか。覚醒しちゃう!

『休憩によく自然乾燥って手があったか!』

このタオル絞りで、一気に覚醒しちゃうのが、オレはもうイヤでイヤで堪らなかったんですよ。

たしかに締めの水シャワーを入れなければ、休憩の間に体も若干乾くし、おまけに休憩中に、特に気合を入れて絞ったワケでもない半濡れタオルで体をチョロチョロ拭いたりもしてるんで、休憩後は完全に自然乾燥の状態なんですよ。なんで、そのまんま浴室から出られるんだけど、やっぱり最後の締めの水シャワーはいれたいんですよ。

何故かっつうと、ほら、水風呂って中には汗を流さないで入っちゃう人も多いから、そういう汗が体に付着したみたいな気がする。

別に人の汗なんてそんなに気にしちゃあいないんだけど、せっかくサウナ入った後くらいは、高度に清潔になっていたい! っていうのがあるじゃない。サウナ入った後なのに、なんか人の汗が若干付着した状態で出るっていうのも、気持ち悪いというよりは、もったいないじゃない?

で、そんなこと問題が、もう簡単なことなんだけと、こういうルーチンにすることで解決しました。

ラストサウナ室→汗流し→水風呂→締めの水シャワー→体をダラダラとテキトーに気合入れずに拭きながら休憩(できれば外気浴)→フワーッとした状態のまま自然に体が乾いてる→そのフワーッとした状態のまんま浴室から出る。

これ、気づきそうでなかなか気づかなかったんですよ、オレ。水風呂の後にすぐに水シャワー浴びるという“水の後に水”という行為が、“熱さの人には冷たさ、冷たさの後には熱さ”が基本のサウナではなかなか思いつかなかったのかもしれないんだと、このルーチンを取り入れることによって、なんかサウナ上がりがヤケにいい!

もうオレみたいにタオル絞りをギュゥゥゥゥってやっちゃうタイプの人で、このシステムをやったことない人は、ぜひ取り入れてほしい!

でね、このルーチンが変わったっていうのもあるんだけど、サウナ室に入る時間も変わってきたね。時間というか“時間に対する概念”が変わってきた。

とにかく「サウナにはどの何分入ればいいの?」って聞いてくる人は多いんだけど、その質問に対しては、前にも書いたけど「水風呂に入りたくなったら出ればいい」とか「自分の肌に聞いてみる」と応えてた。もちろん今でもこの方針は変わってないんだけど、でもその奥底では「最低10分は入ってた方がいいんじゃないか?」っていうのがあったんですよ。

どっかの研究報告で、サウナに10分以上入った方が心臓にいいとか、なんかそんなこと読んだ気もするしさ。

「10分くらい入れなきゃ男じゃないだろ!」

っていう、昔ながらの“サウナは我慢”みたいな感覚もどこかに残ってたっていうのは、間違いなくなったんだと思う。ところが!!

『田舎もんみたんなもんをサウナに期待してない!』

もう最近は10分だのなんだのどうでもよくなってきた!!

10分以上入った方が体にイイっていうのがあったとしても、

「別にサウナに健康を期待してない!」

って気分になってきたんですよ。サウナにハマり出したころは「サウナは健康にもいいんですよ」とか「交感神経と副交感神経のバランスが取れるんですよね」なんて、知ったようなこといったりしてたけどさ、正直、そんなもなぁ~どうでもいいッ!!

つうか、そんなこと考えて入るのが面倒臭い! 田舎モン臭い!!

そんなことより、パァ~ッと気持ち良くなって、とっとと呑みに行きたい!

実際ね、オレのサウナ師匠とか、長年入り込んでる人なんか、けっこうサウナ室に入ってる時間、短いんですよね。当然サウナ室の12分時計だ、砂時計だなんて見ちゃあいない。

オレなんかサウナ室に入った瞬間に12分時計があると、ついつい入った時間チェックしちゃうんだけど、もう入った途端、そんな回りのものなんか目もくれないであっという間に自分の世界に入る。

で、自分で「気持ちよくなったな」って思った瞬間に出てる、と思われる。もう時計なんかに管理されてないまさしく自由なサウナスタイル。オレなんかエラソーに「肌に聞く」なんていってはみても、やっぱり聞いてないんだよ、それより時計に聞いてんだよ。時計がないと数数えたりしてさ~、途中でワケわかんなくなっちゃうけどね。

なんかスマホに管理されてるバカ現代人と同じようじゃない、サウナで時計に管理されてるってのも。もうだから時間は5分でもイイって思うようになった、気持ちいいと感じたら。

サウナは進化するよりも、退化したモノの方が素晴らしいって、ワタシのサウナの論理的師匠のサウナジャンキー氏がいってて、それは簡単にいっちゃうと、“近代的なガスや電気よりも薪のサウナ、ただき薪サウナよりも煙突のないスモークサウナ”みたいなことなんだゅと、時計なんて超現代だからね。

いい意味で退化した時計なんてないサウナに入り続ければ、逆に体内時計は進化するしね。ん~そうか、いい意味で退化してサウナに入ると、人間は進化するってことかもな~。

そういう進化した人間になりたいと思いつつ、オレはまだまだだな。サウナでいい演歌とかムード歌謡かかると、「オッ、この歌、この後スナックで歌おう!」ってことばっか考えてるもんな。

え~最近気に入ってるカラオケでの歌は『圭子の夢は夜ひらく』です…。

No image

文/カーツさとう

コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

■連載/カーツさとうの最強サウナ熱伝

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ひとりエッチ好き女子が「密かにエッチな気分になっちゃう」お店4つ
飲食店経営に手を出して地獄を見る人の「三つの共通点」
知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密
名医たちが実名で明かす「私が患者なら受けたくない手術」
「これは算数のテストの答案用紙だが...この生徒はよくわかってる!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加