周囲360度を撮れる全天球カメラ「THETA」に手頃な新モデル―3.28万円

周囲360度を撮れる全天球カメラ「THETA」に手頃な新モデル―3.28万円

  • インターネットコム
  • 更新日:2016/10/20
No image

すべての動画・画像がある記事はこちら

周囲360度を1枚のパノラマとして撮影できる全天球カメラ「THETA(シータ)」。高い人気を誇るシリーズに、低価格な新モデルが登場した。

ちまたでは専用ゴーグルをかぶって仮想現実(VR)に没入し、自由に視点を変えて360度の風景を眺め渡して楽しむ、新しい映像視聴のあり方が普及しつつある。

そうしたVRの手軽な撮影機材としても全天球カメラは注目を浴びており、各社が製品を投入しているが、やはりリコーのTHETAは先駆けとして名高い。

新モデル「THETA SC」は上位機種「THETA S」と同等の1/2.3型1,200万画素CMOS撮像素子などを採用しつつ、直販価格は3万2,800円(税込、以下同じ)と1万円ほど安く設定している。ブルー、ベージュ、ピンク、ホワイトの4種類。

写真はもちろん、フルHD(1,920×1,080ピクセル)、30fpsの360度動画を最大5分間記録できる。

撮影したパノラマは、スマートフォンやタブレットで再生できるほか、市販のVR用ゴーグルを使って没入できる。専用Webサイト「theta360.com」に投稿して誰かとシェアしてもよいし、FacebookやYouTubeに直接動画を投稿することも可能。

別売アクセサリーとしてIPX7相当の防水性能を備えたハードケースが3,510円で発売予定。

なお、ケースを装着しても水中では利用できない。

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大量のカードや通帳は専用レザーケースで管理
家にあるリモコンをすべて投げ捨てて「eRemote mini」にしたい
モバイルにおけるクラウドストレージのシェアが判明、他を圧倒するダントツなサービスは?
MacとLinuxが増加、XPも増加 - 11月OSシェア
これはきっと日本だからできた「ウスカル」ノート、新dynabook Vは東芝の技術がてんこ盛りだ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加