ヤクルト 逆転勝ちで胴上げ阻止 大松、奥村の控え組が同点打&決勝犠飛

ヤクルト 逆転勝ちで胴上げ阻止 大松、奥村の控え組が同点打&決勝犠飛

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

試合後ポーズをとるヤクルト・奥村=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)

「広島4-5ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

ヤクルトは逆転勝ちで、リーグ優勝へマジック「1」としている広島の、目の前での胴上げを阻止した。

2点を追う七回。2死二、三塁から代打・大松が右前へしぶとく運ぶ2点適時打で同点とした。

「負けたら胴上げを見ないといけない。アウェーの中でしっかり自分たちの仕事ができた」とベテランの一振りで試合を振り出しに戻した。

4-4で迎えた八回は1死満塁から途中出場の奥村が「1点を取りに行こう」と決勝点となる中犠飛を放ち燕党も大盛り上がり。

「チームのために何ができるかというところで三振しなかった。それが唯一のいいこと」と手応えをつかんだ。

完全アウェーの中での逆転勝ち。真中監督は「大松は結果が出ていない中、食らいついていた。奥村はしつこく外野フライを打ってしぶとくできた」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮が「世界」で通用しなかった理由
阪神・今岡2軍Cが退団濃厚...ロッテ入閣へ 球団幹部「残念です」
ノムさん、巨人・村田をバッサリ「見ていると現役復帰したくなる。まだ俺の方がましやろ」
楽天則本怒りの鉄拳、野茂以来快挙もCS決定もぶ然
ヤクルト来季新監督に小川SD復帰へ  OB宮本氏がHC入閣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加