マルチスズキ、ガソリン車の70%を新排ガス基準に先行適合...2020年春施行予定

マルチスズキ、ガソリン車の70%を新排ガス基準に先行適合...2020年春施行予定

  • レスポンス
  • 更新日:2019/08/22
No image

マルチスズキの新排出ガス基準「BS6」適合モデル

スズキのインド部門、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は8月20日、現在販売しているガソリンエンジン車のおよそ70%を、新たな排出ガス基準の「BS6」に先行適合させた、と発表した。

インドでは2020年4月、新たな排出ガス基準のBS6が施行される予定だ。BS6は、欧州のユーロ5に相当する新基準で、排ガス中の窒素酸化物(NOx)を、およそ25%削減することが求められる。

マルチスズキは、現在販売しているガソリンエンジン車のおよそ70%を、この新たな排出ガス基準のBS6に先行適合させた。マルチスズキによると、BS6適合車両を2020年4月のBS6施行よりも先に、量販セグメントに導入した最初の自動車メーカーになるという。

マルチスズキは2019年4月、最初のBS6適合ガソリン車、『バレーノ』を発表した。これに続いて、『アルト800』、『ワゴンR』、『スイフト』、『ディザイア』を、BS6に適合させた。近い将来、インドで発売予定の新型MPV、『XL6』もBS6に適合している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
養育費不払い、賭け麻雀......元近鉄・石井浩郎氏のあきれた議員生活
【トヨタ カローラ 新型】TNGAプラットフォーム採用、ディスプレイオーディオも搭載
ソフトバンク幹部が「やっぱり......」 楽天の携帯本格参入が遅れた理由
元国税が暴露。日本企業の内部留保が増えると社員の給料が減る訳
トイレトレーラー、箕面市が大阪府で初導入の方針
  • このエントリーをはてなブックマークに追加