『奥様は、取り扱い注意』より厳しいDVの現実! 「支配しようとする夫」に苦しんだ主婦の告白

『奥様は、取り扱い注意』より厳しいDVの現実! 「支配しようとする夫」に苦しんだ主婦の告白

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2017/10/11
No image

綾瀬はるか主演の連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。綾瀬演じる主人公・伊佐山菜美は、特殊工作員という過去を持つ専業主婦。そんな菜美が、新婚生活のために引っ越してきたセレブ住宅街に暮らす、主婦友の大原優里(広末涼子)や佐藤京子(本田翼)とともに、主婦の間で起きるさまざまなトラブルを解決していくストーリーだ。第1話は、3人と料理教室で出会った水上知花(倉科カナ)が、夫からDVを受けていることを知って助ける、という展開だった。

ドラマのように夫のDVに悩まされた主婦、裕子さん(仮名・34歳)が、自身の経験を話してくれた。現在は、2人の子どもと暮らすシングルマザーだ。

「社会人1年目の時、先輩に連れていってもらったバーで夫に声を掛けられました。初めの印象はハキハキしていて仕事ができそうなタイプ。その日は連絡先を交換して別れましたが、翌日から毎日連絡が来るようになったのです」

第一印象は良かったが、毎日来る連絡にだんだん嫌気が差し、裕子さんは徐々に夫を遠ざけるようになった。しかし、その後、思いもよらないきっかけで交際に発展する。

「連絡を無視してしばらくした頃、夫から『母親がくも膜下出血で倒れた』というメールが来ました。『頼むから、今日だけはそばにいてほしい』とひどく落ちこむ様子に、同情してしまいました。そこから会う回数がズルズルと増えてゆき、交際することになりました」

後に「この時の同情が失敗だった」と裕子さんは思ったという。それは夫の「人を支配したい」性格が原因だった。

「夫は誰に対しても『自分のほうが立場が上』でありたい性格でした。会社の中でもリーダー格で、社内で問題が起きたらすぐに間に入って解決したがる、とにかく口がうまい人でした。交際中、私は常に見下されていました。『お前はラクなOLでいいよな』『俺は会社を背負う人間だから、お前みたいなしょうもない仕事とは違う』など、嫌味を言われることはしょっちゅう。腹を立てて言い返しても、私が次に言うことを見透かして、必ず言い負かしてきます。口げんかで勝てたことは一度もありません」

夫の性格にうんざりし、別れを告げようとした時、裕子さんの妊娠が発覚した。

「妊娠も、私を逃げられなくするための夫の計算だったと思います。夫は私を自分の支配下に置こうと、入籍後はさまざまな制約を課してきました。外出時は必ず連絡を入れる、友人との交流禁止、SNS禁止、美容院やマッサージでは女性の美容師やセラピストを指名すること、夫の前以外でのスカートの着用は禁止など……。反抗すると、今度は暴力を振るうようになりました。おなかには子どもがいるので、もし流産でもしたら、私に逃げられると思ったんでしょう。平手打ちや髪の毛を引っ張るなど、おなかは避けて体に痕が残らない方法でDVが始まりました」

肉体的にも精神的にも、裕子さんは追い詰められていった。さらに裕子さんを家に置いておくために、夫の束縛はエスカレートしてゆく。

「1人目の子育てが落ち着くと、2人目、3人目……と、次々に子どもを作らされました。しまいには、くも膜下出血で倒れた義母の面倒まで命じられ、私の自由は一切奪われました。それでも離婚しなかったのは、夫が子煩悩だったからです。夫は、子どもの前では良い父親を演じていましたから。子どもたちも父親のことが大好きでしたので、他人から見れば裕福で幸せな家族にしか見えなかったと思います」

しかし、ついに裕子さんに離婚を決意させる事件が起きた。

「夫の浮気が発覚したんです。夫は『遊びだ』と言い張りましたが、問い詰めると逆切れされて、暴言を吐かれました。『誰がお前を食わせてやってると思ってるんだ』『ロクに働いたこともないお前に、子どもの面倒が見られるのか』と……。私は社会人になってすぐ結婚したので、離婚したら子どもたちを育てていけません。夫は、それをわかって言ってきました。それでも夫の女遊びは止まらず、ついに限界が来た私は、別居を申し出たのです」

夫は反対したが、それを押し切り、子どもを連れて実家に戻った。ところが、別居中も、夫からの嫌がらせは続いた。

No image

「1日に何十回も電話してきたり、近所の住民に私や子どもの悪口を、後輩を使って吹き込ませたり、自分の手を汚さず嫌がらせをしてきました。初めは耐えていましたが、ある日、車の窓ガラスが割られていたんです。私はさらなる報復が嫌だったので、公にしたくなかったのですが、友人の口添えで警察に通報することになりました。窓ガラスを割られたことで警察は事件として動いてくれましたが、私たちは夫との接触を避けるために、DV被害者を一時的に避難させる民間シェルターへの入居を勧められました。悪いことをしていないのに、なぜ私たちが逃げなければならないのだろう……と思いましたね」

裕子さんと子どもたちは、6畳ほどのシェルターに1カ月ほど暮らした。警察沙汰になったことで嫌がらせはなくなり、その後、離婚が成立した。現在はパート勤めの傍ら、DV防止相談員になるための勉強をしているという。仕事と子育てに奮闘する日々だが、ひとつ気がかりなことがあるそうだ。

「次女だけが『パパと暮らしたい』と言いました。私も3人の子ども全員を引き取る金銭的余裕がなかったので、泣く泣く親権を譲りました。警察からは『子どもから情報が漏れて、また嫌がらせをされる恐れがあるので、引き取られた子どもと連絡を取らないでください』と言われました。今すぐにでなくても、もう少し大きくなってから会うことはできると、諭されました。DV問題が解決しても、今まで通りの生活はできず、泣き寝入りしなければならないこともあります。現実は、ドラマのように簡単にはいきませんね」
(カワノアユミ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドミノピザ 1枚頼むと1枚無料 宅配でもOKに
約50%の夫婦がセックスレス!「夫婦関係を円満にする」秘訣とは
「女の子のひとりエッチ」大調査!みんなはどんな風にしているの?頻度は?
見た目が最強にカッコ良い!ガンダムランキング
長時間残業、生産性を劣化させる「10の悪い習慣」(チェックリスト付き)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加