SVホルンが6試合ぶりに勝ち点3獲得、日本人4選手が出場/オーストリア2部第14節

SVホルンが6試合ぶりに勝ち点3獲得、日本人4選手が出場/オーストリア2部第14節

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/10/20
No image

6試合ぶりに白星を手にしたSVホルン

オーストリア2部エアステリーガ第14節が18日に行われ、SVホルンはFACウィーンとホームで対戦した。

SVホルンはGK権田修、DFハーフナー・ニッキ一、MF矢島倫太郎が先発。11分、SVホルンはアルベルト・ヴァルチのゴールで先制すると、続けて15分に1トップのニルス・ザトルが追加点を決めて2-0で前半を折り返した。試合終了間際にPKで1点を返されたものの、逃げ切りに成功して6試合ぶりに勝ち点3を手にした。73分に新井瑞希が途中出場を果たし、4人の日本人選手が出場している。

試合当日、会場では日本とオーストリアの文化交流と集客を目的とした「Japanese Festival」が開催。「試合結果だけでなく、日本人が経営しているSVホルンだからこそ提供出来る体験の創出」をテーマに行われた。SVホルンのオフィシャルサポーターのじゅんいちダビッドソンさんが来場し、日本から取り寄せた地酒の試飲会など、普段関わらない世代や国籍の人が集まり異文化交流が行われた。

【試合結果】
SVホルン 2-1 FACウィーン

得点
1-0 11分 ヴァルチ(SVホルン)
2-0 15分 ザトル(SVホルン)
2-1 90+2分 サハネク(FACウィーン)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
南野、決定機に右足シュートも内田に阻まれる
内田篤人が約1年8か月ぶりにベンチ入り果たす(4枚)
<サッカー>中国クラブからの“破格の条件”を拒否した槙野智章に、中国のサッカーファンの反応は...
内田が1年9カ月ぶり復帰「サッカー人生取り戻す」
瀬戸貴幸フル出場のアストラ、ローマと引き分けクラブ史上初のEL決勝T進出

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加