サムスン、省スペースデザインやゲーム用などのモニター3種発表

サムスン、省スペースデザインやゲーム用などのモニター3種発表

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2019/01/12
No image

韓国サムスンは、2019年に投入する新モニター3種を発表した。

省スペースタイプ、ゲームに最適なウルトラワイドタイプ、そしてディスプレイがカーブしている4Kタイプと、消費者のさまざまなニーズに対応する。

・壁にくっつけられる

No image

まず省スペースのモニター「Space Monitor」は、アーム部分とモニターを一直線にでき、そうすることで壁などにぴたりとくっつけられるようになる。このメリットはというと、デスクトップにありがちなデッドスペースがなくなること。特に奥行きがさほどないデスクの場合、自由に使えるスペースを確保するのに役立つ。

こちらは2タイプ用意され、一つは27インチでフルHDの4倍のQHD、もう一つは32インチで4Kとなる。

・超ウルトラワイド49インチ

No image

また、最近増えているゲーム需要に対応しようと、今回サムスンはゲームをダイナミックに楽しめる超ウルトラワイドの「CRG9」を投入する。

49インチ(解像度5120×1440)のQLEDディスプレイで、アスペクト比は32:9と細長い。リフレッシュレートは120Hzで、HDR10に対応する。

それから、ビジネス仕様としては「UR59C」を用意した。こちらは32インチとCRG9に比べれば小さめだが、CRG9同様にモニターがややカーブしている。

レッグは短め、そしてレッグの中にケーブル類を隠せるのでモニター周りをすっきりとさせることができそうだ。

価格などはまだ発表されておらず、米国ラスベガスで間もなく開幕するコンシューマー・エレクトロニクスショーで機能詳細とともに明らかにする見込みだ。

Samsung

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テレ朝深夜の温泉番組『秘湯ロマン』臨場感あふれるVR動画配信
無料でウェブ画像から物体を切り抜き透過PNGを作成できるChrome拡張「物体認識切り抜きで透過画像作成」
ノートPCにもタブレットにもなる[2in1 PC]のオススメ3選
ビジネスに使えるWindows 10の最新機能7選
どんな症状だと危険?ノートパソコンの寿命に影響するバッテリー問題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加