キョンキョン、著書で賞「親や兄弟に『いろいろ書くから』と相談」

キョンキョン、著書で賞「親や兄弟に『いろいろ書くから』と相談」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

女優、小泉今日子(51)がエッセー「黄色いマンション 黒い猫」(スイッチ・パブリッシング)で「第33回講談社エッセイ賞」を受賞し14日、東京都内で行われた授賞式に出席した。

小泉はこれまでエッセー「小泉今日子の半径100m」や「小泉今日子書評集」などを出版してきたが、著書で賞をとるのは初。同賞は時代感覚をとらえ、新しい文体を確立した優れたエッセーに贈られるもので、「黄色い-」は、小泉が以前住んでいた原宿の町を再び歩き、変わり続ける街に自身の半生を重ねた自伝的エッセーだ。

小泉は受賞のあいさつで、「私の恩師です」と慕うTBS系「時間ですよ」などで知られる演出家、久世光彦さん(2006年死去、享年70)との思い出話を披露。

小泉の作品を読んだ久世さんから「言える範囲の明るいことしか書いていない」と指摘されたことが創作意欲になったと明かし、「今回は親や兄弟に『いろいろ書くから』と相談したら『恥ずかしいことは何もないから大丈夫』と言ってもらい、楽しく書けました」と感謝。続けて「これからも気を抜かないで生きていきたいです」と女優と作家の“二刀流”での活躍を約束していた。

No image

第33回講談社エッセイ賞の授賞式に出席した小泉今日子=東京・一ツ橋

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
水原希子 ノーブラ批判に反論 乳首が「トゥン」も「全然気にしない」
B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」
香川照之、ドラマの名ゼリフは息子の発案
小倉優香の“リアル峰不二子”ボディをたっぷり堪能 ビキニで悩殺
坂上忍、滝沢カレンも呆れ イケメン俳優の彼女が「ファン見下し発言」で炎上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加