中大連勝で勝ち点 1年生水谷好救援、リーグ戦初登板で初勝利

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

◇東都大学野球第2週最終日 中大5―3立正大(2017年9月14日 神宮)

2回戦2試合が行われ、中大は2番手でリーグ初登板した水谷康希投手(1年)が好救援で初勝利。立正大に連勝して勝ち点1を挙げた。亜大は初先発の山城大智投手(3年)と嘉陽宗一郎投手(4年)のリレーで日大を1失点に抑えて連勝し、勝ち点1を挙げた。

中大はリーグ戦初登板の1年生右腕・水谷が初勝利を挙げた。同じ1年生の畠中の後を受けて1―3の5回1死から救援。「“畠中の2番手で行くぞ”と言われてました。抑えて流れをもって来ようと思って全力でいきました」。1回2/3を無失点。打線が6回に逆転し、勝ち星が転がり込んだ。浜田から指定校推薦で入学。「春はスタンドで早く投げたいなあと思ってました」と連勝に貢献して笑顔がはじけた。

▼立正大・坂田精二郎監督(失策も絡み逆転負けを喫し)1部はごまかしが利かない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
早実・清宮と一問一答(1)「高いレベルに身を置き目標をクリアしたい」
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
各球団発表、9月21日の引退は?
陰日向で輝く 川島、福田、高田...ソフトBを支える「玄人好み」の選手たち
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加