最新ランキングをチェックしよう
平成の野口英世「大村智」の何が凄いのか?

平成の野口英世「大村智」の何が凄いのか?

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/06/11

感染症特効薬に贈られたノーベル賞
He Lived and Died for Humanity(人類のために生き、そして死んだ)――ちょうど90年前の1928年5月21日、渡航先のガーナで、51歳で客死した細菌学者・野口英世。
米国ニューヨーク郊外にある彼の墓碑には、そう刻まれている。アフリカや中南米で猛威を振るっていた感染症の征圧に人生を捧げ、蚊が媒介する黄熱病の病原体を解明しようとした志半ばで

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
火星が15年ぶりの大接近! じつは大変な事件が起きていた
わずか数ミリという極小サイズなのに世界最速の生物でもある「Spirostomum ambiguum」
国際リニアコライダー計画で会見(全文1)ILCをつくらないと知ることできない
NASAの探査機パーカーが、灼熱に溶けることなく太陽に近づける理由
老化から若返りへ!?成長したヒト細胞の老化を逆転させることに成功(英研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加