豪栄道、阿武咲、大翔丸が1敗守る 大栄翔は敗れて2敗目

豪栄道、阿武咲、大翔丸が1敗守る 大栄翔は敗れて2敗目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17
No image

玉鷲(左)を寄り切って1敗キープの豪栄道=両国国技館

「大相撲秋場所・8日目」(17日、両国国技館)

8日目を終えて、大関豪栄道、前頭3枚目の阿武咲、前頭12枚目の大翔丸の3人が1敗を守った。1敗で並んでいた前頭11枚目の大栄翔は敗れて2敗目を喫した。

豪栄道は小結玉鷲を寄り切って、初日黒星の後、7連勝とした。

阿武咲は、前頭筆頭の栃ノ心を引き落として7勝目を挙げた。大翔丸は前頭10枚目の豪風をはたき込みで下した。

横綱日馬富士は、碧山を上手出し投げで下して、3連勝で5勝目(3敗)を挙げた。

関脇御嶽海は前頭2枚目の北勝富士に寄り切られ、4敗目(4勝)を喫した。関脇嘉風は前頭4枚目の松鳳山を寄り切りで下し、4連敗後の4連勝で星を五分に戻した。

前頭筆頭の元大関琴奨菊は小結栃煌山に敗れて、4連敗で4勝4敗。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世代交代印象づけた阿武咲、白鵬超えの強さの理由は
決定戦突入なら21年ぶり11勝で優勝 前回は貴乃花不在で史上初5人決定戦
豪栄道の地元大阪・寝屋川市くす玉割れずガッカリ
ベテラン嘉風に技能賞「励みになる」、5日目から奮闘8連勝
阿武咲 史上初!新入幕から3場所連続2桁星 幕内最年少21歳「師匠のおかげ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加