最新ランキングをチェックしよう
健康な我が子に必要のない大手術を13回受けさせた鬼畜母! 真の動機と「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは!?=米

健康な我が子に必要のない大手術を13回受けさせた鬼畜母! 真の動機と「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは!?=米

  • TOCANA
  • 更新日:2018/01/14

オルタナティブ・ニュースサイトの「Oddity Central」(12月15日付)によると、テキサス州ダラスに住むケイレーン・ボーウェン-ライト被告(34歳)は健康体の我が子に対し、323回もの通院と13回の医学的にまったく無意味な手術を受けさせていたという――。

■息子に必要のない手術を13回受けさせた鬼畜母
 悲劇の始まりは、2009年に息子クリストファー君が未熟児として生まれてきた直後から

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
湾岸タワマン28階に住んだのに、予想外の“負け感”。主食はコンビニ弁当...
【日本2-1コロンビア|採点&寸評】長友と原口の闘争心に拍手!神様、仏様、大迫様!!
「そんなこと現実に可能なの?」大阪地震への日本の対応、韓国で称賛の声
大阪地震でJR神戸線の車掌「再開はお昼過ぎまでないと思います」アナウンスに称賛集まる! 「すごい判断」「ハッキリ言ってくれて助かる」
NHK W杯キャスター佐藤美希に非難殺到 失言、間違い...「先輩」足立梨花かばうも「黙っててほしい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加