“スマホ中毒”の妻に不満が爆発...離婚を悩む相談者に江原啓之が助言

“スマホ中毒”の妻に不満が爆発...離婚を悩む相談者に江原啓之が助言

  • TOKYO FM
  • 更新日:2019/05/03
No image

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回は、スマホをいじってばかりの妻に不満が溜まり……という相談者からのメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。

江原啓之

◆子供がきても手放さず…
「私の妻のことで相談です。私と妻は共働き、1歳半の息子がいます。会社から帰ってくると寝てばかり。起きればスマホをいじってばかりの妻に不満です。

共働きで、疲れて寝るのはしょうがないと思います。結婚する前から妻はスマホいじりをしていたのですが、何度指摘してもなかなかやめてくれません。家事はしないわけではなく、食事を作るのが妻、それ以外は私がやっています。

食事を作り終えると、すぐさまソファに寝そべり、スマホをいじりだす妻。息子が妻の元に寄ってきても、妻は息子に目を向けず、スマホを手放すこともしない。私が息子にご飯を食べさせたり、家事をしていても妻は気にせずスマホ。さらに屁までこきだす始末……。

“生理現象だから我慢できない”と、妻は開き直ります。私が不満を爆発させてしまうこともしばしばあります。大人気ないのですが、妻に暴言を吐いたり、物にあたったりします。それに対し妻は私が物にあたったこと、暴言を吐かれたことに腹を立て、自分の行動については反省してくれません……。

怒鳴るたびに、私は“離婚”という言葉が頭に浮かび、でも小さい子どもの為にも離婚だけは避けたいと思いとどまる日々……。こんな妻とうまくやっていく方法ってあるのでしょうか? いいアドバイスがございましたら、お願いいたします」

◆江原からの“ことば”
「結婚していたら“離婚”という言葉が頭をよぎるということは、みなさん、あるのではないでしょうか。すべてに“シーズン”というものがあると思うのです。

結婚して最初の“良いシーズン”、お子さんも生まれて“良いシーズン”。それが中だるみして、いただいたメールのようなシーズン。そして、ここから先のシーズンがどうなるか。まずは子どものことを考えながら、自分自身が奥さんに対する気持ちがあるかどうかを、もう一度よく考えて、シーズンを少し待ってみる。

嫌な言い方ですが“離婚をしたと思って暮らしなさい”。自分がシングルファーザーになったと思って暮らしてみる。そうすれば、共働きであるし、いないよりはマシと思うかもしれません。

要観察。戦うよりも態度で示すことで、奥さん自身が、それで何か気付くかもしれない。これが大切だと思います」

◆江原啓之 今夜の格言
「すべてには理由があります。その理由を知ると心は癒されます」
「人生の不幸の法則。それは“自己憐憫、責任転嫁、依存心”です」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
YouTuberが窒息死...バカに「バカ」と言わないと社会が良くならない/ひろゆき
7年間、毎日3時間の自分磨き。武井壮が編み出した「選ばれる人になる方法」
【開発秘話】累計10万個以上売れているコスモテックのシリコンバンド「wemo」
学校の旅行代を振り込もうとしたら... 「振込先」を見たママが絶句
「朝シャワー」で疲労感が何もしない人の3倍軽減
  • このエントリーをはてなブックマークに追加