12インチMacBookおよびMacBook Proのキーボード修理プログラムが開始

12インチMacBookおよびMacBook Proのキーボード修理プログラムが開始

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/06/24
No image

Appleは6月22日、かねてから問題になっていたMacBookのバタフライキーボードの修理プログラムを開始することを明らかにしました。

対象となるMacBook

修理プログラムの対象となるのは、12インチのMacBookを含んだ以下の9モデルです。

MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (15-­inch, 2016)
MacBook Pro (15-­inch, 2017)

修理プログラムに関係する公式サイトのサポートページでは、国と地域を選択できるようになっており、修理プログラムは全世界のApple Storeで行われるということが分ります。

修理プログラムの手続き

修理プログラムは、Apple正規サービスプロバイダ、Apple Store 直営店のどちらかで受けることができ、配送修理を選択することも可能です。

キーボードの修理を実際に行う前にAppleにて実機検査が行われ、キーボード全体を修理する必要があるのか、一部で良いのかが判断されます。

注目したいのは、すでにキーボードの修理費用を払った方は、返金手続きができる可能性があるという事です。

12インチMacBookと新しいMacBook Proにはバタフライキーボードが採用されており、これまでに文字が勝手に反復される、文字が表示されない、キーが跳ね返ってこないなどの問題がありました。

この無料の修理プログラムは、購入日から4年間有効です。修理する場合は、データのバックアップを取っておくことをお忘れなく。

Source:Apple
(david)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
使ってる?意外と知られていないiPhoneの基本機能
新iPhoneは結局安くならない? アップル「独禁法違反」騒動の余波
次期iPhoneに搭載される「デュアルSIM」は他社とちょっと違う?新たな噂が登場
iPhoneで新型MacBook Pro気分を味わえる壁紙3種類が公開
その手があったか!iPhoneのSiriを使った5つの便利機能
  • このエントリーをはてなブックマークに追加