清水良太郎容疑者に弁護士の見解「傷害罪に問われる可能性も」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/13

ものまねタレント、清水アキラ(63)の三男で俳優、清水良太郎容疑者(29)が、11日に覚せい剤取締法違反(使用)で警視庁目白署に逮捕されていたことが12日、分かった。

弁護士法人・響の徳原聖雨弁護士は「尿から覚醒剤の陽性反応が出たため、有罪の可能性が高い。違法カジノ店に出入りしていたことは、検察側が法律を守る意識が低いと判断するケースもあるが、懲役1年6月、執行猶予3年と、初犯の一般的な量刑になるでしょう。女性が薬を飲まされ体調不良を訴えたという点については、傷害罪に問われる可能性も。その場合は、合わせて懲役2年、執行猶予3年になると思う」と見解を述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
乳酸菌飲料ピルクル、42万5000個自主回収
なぜ?駅の真ん中に設置されるホームドア
「ニュース見てないんか」「息子やろが」 東名追突死亡事故、デマ拡散で無関係企業に嫌がらせ 暴走する“ネット私刑”の恐ろしさ
「ワンデーアキュビュー」約3万箱、自主回収へ
豊田真由子氏「ハゲー」と連呼されながら演説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加