5月28日のできごとは「初代iPad 発売」「スプラトゥーン 発売」ほか:今日は何の日?

5月28日のできごとは「初代iPad 発売」「スプラトゥーン 発売」ほか:今日は何の日?

  • Engadget
  • 更新日:2019/05/28

5月28日のおもなできごと

2003年、ドコモが「sigmarionIII」を発売

2010年、アップルが初代「iPad」を日本で発売

2014年、Googleが「Chromecast」を発売

No image

2015年、任天堂がWiiUで「スプラトゥーン」を発売

2010年:アップルのタブレットとして注目された、9.7インチ液晶搭載の初代「iPad」

No image

iPodで音楽の聴き方を変え、iPhoneでスマートフォンを変えたアップルが発売するタブレットとして注目されたのが「iPad」。この初代モデルが発売されたのが、2010年の今日です。米国では4月に発売されていましたが、ヒットにより生産が追い付かず、その他の国での発売が遅れ、日本ではようやく5月28日に発売となりました。

液晶は9.7インチ(1024×768ドット)、SoCはApple A4(1GHz)、256MBのメモリー、16~64GBストレージといったスペック。カメラは搭載されておらず、また、SoCがシングルコアというのが時代を感じます。ちなみに重量は、Wi-Fiモデルで680g、3Gモデルでは730gとかなり重たいものでした。なお、コネクターは30ピンのDockコネクターです。

大きくて重たくて通話ができないiPhoneだといわれたらその通りなんですが、この大きいことが使いやすさに直結。小さな画面で使うしかなかったアプリの可能性を広げてくれました。

2015年:前年のE3で発表されたTPS「スプラトゥーン」が満を持して登場

No image

地面に色を塗ってナワバリを競い合うというわかりやすい目的と、なぜかイカをモチーフとしたかわいらしいキャラクターの採用、そして何より、子供から大人まで楽しめるゲーム性の高さで人気となったのが、「スプラトゥーン」。前年のE3で突如発表され、任天堂が変なゲームを作ってると話題になりました。

TPS(三人称視点シューティング)といえば銃器を持って殺しあうというのが一般的ですが、スプラトゥーンはその殺し合いをせずに、ひたすらインクを塗ってナワバリを広げていくだけでも貢献できるというのがユニークなところ。いかに敵を倒すかではなく、最終的にナワバリを広げるにはどうすればいいのか、という点が重視されるのが新鮮でした。

対象ハードは、ライバルと比べやや存在感が薄かったWii U。スプラトゥーンは遊びたいけど、いまさらWii Uを買うのは......という人もいたのでは。ちなみに「スプラトゥーン2」は2年後の2017年7月の発売で、ハードはNintendo Switchになりました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Appleは“盟友”JDIを救うのか~支援観測で株価上昇も一部は懐疑的
「ヨガの日」にしか手にはいらないApple Watchの「限定バッジ」入手方法
iPhoneとWindowsコンピュータだけで生き延びるには?
Androidスマホのおさいふケータイ機能をiPhoneに移行することはできる?
2019年のiPhone、10月発売で価格据え置き?海外メディアが予測
  • このエントリーをはてなブックマークに追加