日産とDeNA みなとみらい地区で自動運転の実証実験

日産とDeNA みなとみらい地区で自動運転の実証実験

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/05
No image

日産自動車とDeNAは来年3月に横浜市のみなとみらい地区周辺で自動運転できる車を使い、一般の人が参加する新交通サービスの実証実験をすると発表しました。

実証実験は来年3月5日から18日の2週間、実施されます。参加者は専用のアプリで車を予約して目的地に移動できます。使用する車は日産の電気自動車「リーフ」で、公道での自動運転が可能ということです。ただ、実証実験では完全に自動で走るわけではなく、運転手が付き、必要に応じて運転をサポートするということです。将来的には遠隔管制システムで無人運転でも安心して利用できるサービスを目指しています。日産は、今回の実証実験では観光客やビジネス関係など幅広い客層を想定していて、実証実験で課題を見つけ、今後、どのような場所でサービスが展開できるか検討するということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゆうパックや日用品を届ける自動走行ロボ - ZMPが福島県で実証実験
雪や氷の上でもスニーカーのように歩きやすいアキレスのおしゃれ系防寒長靴
3万円で自転車の積載量が劇的にアップ。工具不要で脱着できるコンパクトなトレーラー
パナソニックを手玉に取った香港系ファンドの次の「獲物」
今、証券会社のトップ営業マンが続々と転職している「ある職業」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加