Hey!Say!JUMP、夢かなったドームツアー 12月から開催

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17

ジャニーズの9人組アイドル・Hey!Say!JUMPが16日、横浜アリーナで、デビュー10周年ツアーの横浜公演を行った。2007年9月24日にグループ結成を発表した“生誕の地”で、薮宏太(27)は「僕らのホームに帰ってきました。1週間後にちょうど10年を迎えます。皆さんのおかげです」と感慨深げ。時計をモチーフにしたステージで、10年の時を刻んだ喜びをファンと分かち合い、12月から初のドームツアーを開催することも発表した。

東京ドーム、京セラドーム大阪での単独公演はあるが、初見参となるナゴヤドームを含む東名阪ドームツアーは初めて。山田涼介(24)は「みんなのことを誇りに思います。夢の1つだったドームツアーをかなえてくれたので、いろんな思い出を作れたら」と満席の1万5000人に語りかけた。東京ドーム公演は年末年始ながら、大みそかは休演日。NHK紅白歌合戦への初出場にも期待がかかるが、知念侑李(23)は「胸を張って『紅白に出たい』と言えるように、まずはドームを成功させたい」とした。

ライブの幕開けを飾ったデビュー曲「Ultra Music Power」では、スクリーンに映し出された10年前の同曲の映像とリンクさせるようにパフォーマンスを繰り出し、成長を見せつけた。山田が初めて振り付けを担当した10周年テーマソング「I/O(インプット/アウトプット)」では、V字、円形とフォーメーションを目まぐるしく変えながら熱唱。新旧織り交ぜた30曲に10年分の感謝を詰め込んでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
憑依芸人・ロバート秋山、“カリスマアーティスト”に変身し頑張る主婦の応援歌を熱唱
KenKen、PS4新作タイトル紹介映像曲をプロデュース。BiSHアイナ、鎮座DOPENESSも参加
山田孝之、女子2人組バンド・yonigeとの出会いのきっかけは“ニセ山田孝之”の勝手な約束だったと衝撃発言
SPYAIR、アルバム『KINGDOM』の全貌が明らかに&トレーラーも公開
一緒に歌おう!「美女と野獣」日本語歌詞付きのダンスシーン映像公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加