男が“彼女と別れたいとき”につくウソ3パターン&本当の理由

男が“彼女と別れたいとき”につくウソ3パターン&本当の理由

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2018/06/13
No image

彼と別れるとき。愛し合った彼から告げられる言葉はどこまで本当なのでしょうか。それともまるきり嘘なのでしょうか。

考えてみると、たいていの男性は本当のことは言わない気がします。

今回ご紹介する三つのパターンは男性が恋人と別れるときに言う代表的なウソです。「もう君には飽きたから。次の女ができたから」なんて決して言いません。このウソならスムーズに別れられるので、どれかに当てはまる形で言います。

さっそく一つずつ検証していきたいと思います。

自分をダメな男に見せるパターン

一番多いのがこれ。「僕みたいなつまらない男と一緒にいたら君がダメになる」「君にふさわしい男が他にいる」などと言いますが、そんなことはこれっぽっちも思っていないことが多いです。

また「本当はギャンブル好きなんだ。仕事も好きじゃないし、本当の俺は最低な男なんだ」と、そんな風に最低なダメ男に見せたりもします。

第三者のせいにするパターン

「元カノが自殺未遂を起こしてしまった。僕じゃないとダメなんだ」「上司の娘さんと結婚することになってしまった」「別れてください。浮気相手を妊娠させてしまったので、責任を取らなければならない」などと「自分は君を愛しているがどうすることもできなくなった。他人が原因だ」という言い方をするパターン。

第三者が聞けば「そんなバカみたいな話」と、首をかしげてしまう言い訳ですが、恋愛のフィルターがかかっていると信じてしまうのでしょう。

“愛し合っているのに別れてしまう不幸な私たち”という、悲劇のロマンスの感情が沸くのでしょうか。

彼女のせいにするパターン

「別れる原因は君にあるよ」というウソ。「君は僕には素晴らしすぎる。一緒にいるとコンプレックスでダメになりそうなんだ」「君を愛しすぎてしまって何も手につかない、これからなのに何もできないんだ。助けると思って別れてくれ」などと言ってきます。

「君のせい」と言っても悪い方向の話ではなく、持ち上げて別れるパターン。そうすれば傷が浅くすむ、と思うのでしょう。

ホントの理由は…

性格の不一致:気が合わない。合わない場合、盛り上がったとしても終わりが早い。

彼女の性格をよく知らなかった:いい性格と思ったが明るいだけだった。明る過ぎたということは恋愛のムードや色気がない、つまり友情みたいで恋じゃなかった。反対に、彼女の性格が悪いので冷めたパターンもある。

愛がなくなった:所帯じみきて、ときめかなくなった。結婚の話をされたのでいやになった。ほかの女性を好きになった。

尽くされすぎた:尽くされていたのはいいが「こんなにやってあげているのに」と言う部分が垣間見えて逃げ出したくなった

などが、本当の理由でしょう。これらを正直に言うのは気が引けますね。はっきり言わないのが男なのです。

正直に言わない理由は?

「ウソはよくない。真実を話すべき」という意見があります。しかし、正直に話しても相手は納得してくれません。

「性格の不一致」と言ったなら「直すから」と言われ、「ときめかなくなった」なら「もう一回頑張るから」と引きとめようとするでしょう。「はいそうですか」とは、なかなかならないものです。

それを知っているから、どうすることもできない嘘をつくのです。

いかがでしたか?
「ウソなんてつかないでほしい。はっきり言ってほしい」と思いますが、男性も悪者になりたくないのです。

あなたも馬鹿正直に、彼に「出世の見込みがないね。あなたの将来性のなさが嫌いだから別れる」と言えますか?言えませんよね。
相手を傷つけないためのウソでもあるのです。

「どうして?真実を聞きたい」「悪いところは直すから」と思いがちですが、直せないことだったら深く傷つき、愛が憎悪へ変わる危険もあります。

やはり、新しく次の恋に踏み出すほうにパワーを使ったほうがいいかもしれません。

(mimot.(ミモット))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「口が裂けても言えねー!」彼女には絶対に言えないひみつ9パターン
20代女子がデートで行きたくないチェーン店10。牛丼よりドン引きする1位は...
【心理テスト】階段を下りると扉が...「あなたと相性ぴったりの男性」を診断!
久しぶりなのに急接近!親密さが増すLINEメッセージ9パターン
うっかり言ってない?!彼氏をイライラさせる一言4選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加