吉高由里子、5年ぶり主演映画『ユリゴコロ』で殺人者役に 「貴重な経験をさせて頂きました」

吉高由里子、5年ぶり主演映画『ユリゴコロ』で殺人者役に 「貴重な経験をさせて頂きました」

  • Real Sound
  • 更新日:2016/12/01

女優の吉高由里子が、2017年9月公開の主演映画『ユリゴコロ』で殺人者役を務めることが決定した。

No image

『ユリゴコロ』原作書影

本作は、第14回大藪春彦賞を受賞した、累計販売部数25万部を超える沼田まほかるの原作小説を、『君に届け』『近キョリ恋愛』の熊澤尚人監督が映画化した恋愛ミステリー。ある家族の余命わずかな父の書斎で見つかった、ある殺人者の手記の謎を描き出す。

2012年公開の『僕等がいた 前篇・後篇』以来5年ぶりの映画主演となる吉高が演じるのは、人間誰もが持っている“心の拠り所”が、生まれながらにして“人間の死”であったという主人公・美紗子。殺人という行為から逃れる術を持たずにこの世に生まれ、それゆえ強いられる悲しみの連鎖の中で、愛という感情を知り、自らに抗い、苦悩するという設定だ。

本作では、NHK連続テレビ小説『花子とアン』以来3年ぶりに主演する2017年1月期ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)とはまったく異なる役柄に挑む。なお、撮影は9月初旬から10月中旬まで約1ヶ月間にわたって行われた。

初めて殺人者を演じます。
私が演じた美紗子は、なかなか共感しづらい部分もある難しい役でしたが、
久しぶりの映像作品で貴重な経験をさせて頂きました。
まだ完成した映画を見ていないので、どんな作品になっているか楽しみです。

No image

今回の主人公は、本当に大変難しい役どころではありますが、
吉高さんの繊細かつ大胆な演技力のおかげで、
今までにない、美しくも悲しい殺人者を表現できたと確信しております。是非ご期待下さい!

■公開情報
『ユリゴコロ』
2017年9月、全国公開
原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫)
脚本・監督:熊澤尚人
主演:吉高由里子
企画・製作幹事:日活
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
製作:「ユリゴコロ」製作委員会
配給:東映/日活
(c)沼田まほかる/双葉社 (c)2017「ユリゴコロ」製作委員会
公式サイト:http://yurigokoro-movie.jp/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ローラがミラ・ジョボビッチに銃を向ける!「バイオ」完結編、緊迫の初登場シーン
新木優子、中島裕翔との“キス”エピソードを語る 直前の食事がカレーで「すぐに歯磨きしなきゃ!」
名探偵コナン新作映画の前日譚「追憶の導火線(ファイア・コード)」がUSJに!
乃木坂46 能條愛未 映画『アメリカン・ビューティー』で思わず涙したシーンとは?
“笑う洋楽展”みうらじゅん&安斎肇コンビが放つポルノムービー『変態だ  』。衝撃のラストシーンに思わず絶句!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加