GMO、ブロックチェーンを用いたチケットの転売抑止プログラムをオープンソース公開

GMO、ブロックチェーンを用いたチケットの転売抑止プログラムをオープンソース公開

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/09/15
No image

「転売抑止チケット」利用時のイベント運用フロー

GMOインターネットは9月15日、ブロックチェーンを用いた「転売抑止チケット」のオープンソースとして公開した。

同社が進めているブロックチェーン利用プログラム「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト」の第4弾となるもので、ランシステムと共同開発したもの。チケット購入者が通知したブロックチェーンのアドレスに入場権を付加し、購入者の所有するスマホなどの端末内に生成された鍵によって入場権を証明。正規販売以外のルートで取得したチケットの信頼性が損なわるため、不正転売の抑止につながる。

オープンソースのプログラムは既存チケット販売システムに組み込むことができ、ランシステムではこのしくみをベトナムサッカー協会のオンラインチケット販売に応用することを進めており、チケット購入者は所有端末で有効期限付のQRコードを提示するだけで本人確認が可能になり、チケットの受け取り時に身分証明書の登録・提示が不要となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【悲報】AIは写真からゲイを特定するだけでなく、政治思想やIQも見抜くことが判明!顔認識AIの人物判断がマジで怖すぎ
ソニーの完全ワイヤレスイヤフォンはAirPodsに対抗できる完成度
ワイヤレスイヤホンの本命!? BOSE、ケーブルなしの「SoundSport Free」来月発売
100万量子ビットの処理も可能な光量子コンピュータの実現法 - 東大が発明
一回の充電で380キロ走れる電動バイク「Delfast」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加