買取アプリ「CASH」が最低査定価格1000円キャンペーンの対象を変更、新規ユーザーの初回時のみに

買取アプリ「CASH」が最低査定価格1000円キャンペーンの対象を変更、新規ユーザーの初回時のみに

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/12/07
No image

即時買取アプリ「CASH」運営元のバンクをDMM.comが70億円で買収したのは11月21日のこと。それから1週間もたたない11月27日にはメルカリが「メルカリNOW」を発表、同日にはCASHがアイテムの最低査定価格を1000円にすることを発表するなど、現在”即時買取”分野は急速に変化している。

そのCASHだが、「最低査定価格1000円キャンペーン」の内容に変更があったようだ。12月7日、CASHアプリではキャンペーン対象者を変更する旨のお知らせがあった。今後は新しく会員登録をしたユーザーの初回キャッシュのみが最低査定価格の対象となり、対象者以外についてはキャンペーンを一時的に停止するという。

No image

最近ではオンラインメディアにとどまらず、テレビをはじめとした各種媒体でも紹介さているCASH。ここ数日はAppStoreの無料総合ランキングでもトップ10に入っていたので、毎日数万人単位の新規ユーザーが流入していたのではないかといった声も聞こえてくる。

お知らせにも「1日で用意しているキャッシュ上限にすぐに達してしまい、CASHをご利用いただける方が限られてしまう状況が続いておりました」と記載があるが、急激にこれまで以上のCASH化が発生したことも考えられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
銃ではなくて刃物です。なぜかライフル銃を模した形状の超小型マルチツール
国産初のIoT浄水器『クリンスイ CSP801i』は何がスゴい?
メカメカしい板。ASUSの薄型14インチラップトップ「B9440UA」のスタイルに惚れそう
あと3年で、日本の自動車メーカー等の「品質」は世界で通用しなくなるかもしれない
マイクロソフトがWindows 10と新たに最適化されたバージョンのOffice 365を稼働するフル機能の「Always Connected PC」を発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加