【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」

【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/08/11
No image

カージナルスのヤディアー・モリーナ【写真:Getty Images】

直後には逆転満塁弾、絶大な存在感を発揮してチームを勝利に導く

カージナルスのメジャーNO1捕手、ヤディアー・モリーナ捕手が9日(日本時間10日)の本拠地ロイヤルズ戦で好守に絶大な存在感を発揮。逆転の満塁弾の加え、健在の強肩ぶりも見せつけ、8-5の勝利に導いた。

まずは守備で見せ場を作った。1点ビハインドで迎えた6回の場面。ロイヤルズの先頭エスコバーがレフト前ヒットで出塁すると、続くモスの打席で1ボール2ストライクから4球目にスタートを切った。

右腕ボウマンのスプリットはワンバウンドとなったが、モリーナが巧みに捕球。すぐに立ち上がり、二塁にミサイルのようなボールを送った。送球は俊足のエスコバーの走路にピタリ。遊撃のデヨングが難なくタッチし、アウトとなった。

地元テレビの実況は「なんてこった。ヤディアー・モリーナのとてつもないプレーだ」と絶叫。リプレーを見返し、あらためて「ワオ!」と驚きの声をあげるビッグプレーだった。その肩はまだまだ健在だ。

さらに、その裏には猫の乱入で試合が中断した直後の2死満塁の場面でモイランからレフトへ豪快な逆転満塁弾。チームを勝利に導いた。

ワイルドカード争いでは、圏内まで6.5ゲーム差とされているカージナルス。圧倒的な存在感でプレーオフ進出の常連球団を牽引するモリーナが、この先もキーマンとなることは間違いない。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
明豊・溝上投手 けがを克服、ベンチ入り ライバルと対決夢託す
3人制バスケ女子の矢野 認知度向上へELT持田とイベント
野村ジェームス4強弾!花咲徳栄、埼玉勢初Vへ打倒・東海大菅生
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加