【報ステ】看護師死亡事件「第3の男」が主犯格か

【報ステ】看護師死亡事件「第3の男」が主犯格か

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/06/15
No image

動画を見る(元記事へ)

静岡県の山中で看護師の内山茉由子さん(29)の遺体が見つかった事件で、監禁の疑いで逮捕された男の名前は、住所不定の伊藤基樹容疑者(28)と名古屋市の鈴木充容疑者(42)であることがわかった。2人はともに無職。2人を結びつけたのはインターネット掲示板の書き込みだった。金儲けをしないかと持ちかけ、事件を計画したとみられるのが、警察が主犯格とみて行方を追っている「第3の男」だ。この男は、内山さんが連れ去られる直前、逮捕された男2人と一緒にいるところが近くの防犯カメラに映っていたという。伊藤容疑者と鈴木容疑者は、連れ去りは認めているが、遺体の遺棄については関与を否定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
舗装工事中の道路で居眠り中の犬、アスファルトに埋められロードローラーでひかれる
自殺していた“主犯格”の男 ナゾに満ちたその素顔
アプリの大富豪で賭け 340万円の負けが暴行に発展
リンちゃん事件初公判、被告がまさかの両親批判

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加