最新ランキングをチェックしよう
ドワンゴ、VRアプリで人型3Dアバターを扱うためのファイル形式「VRM」をオープンソースで公開

ドワンゴ、VRアプリで人型3Dアバターを扱うためのファイル形式「VRM」をオープンソースで公開

  • MdN
  • 更新日:2018/04/17

「VRM」利用イメージ(ニコニ立体ちゃん)
株式会社ドワンゴは、VR向けの新しい3Dアバターファイル形式「VRM」を開発し、提供を開始した(https://dwango.github.io/vrm/)。“プラットフォーム非依存の3Dアバターファイルフォーマット”を提案するもので、対応アプリケーション全てにおいて同じアバター(3Dモデル)データを使うことが可能。この「VRM」形式とその標準実装(Un

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Einkディスプレイと紙ノートを持ち運べる「MemoNote」が便利そう
あと1年は14nmプロセスのCPU供給不足が続く インテル CPUロードマップ
建築現場用が家庭で大ウケ! マキタの充電式クリーナが革命を起こした理由
4年ぶりにリニューアルしたMac miniがいい感じ
ZOZOのビジネスモデルの「落とし穴」とは? 実店舗が持つ“強み”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加