北勝富士4敗目も「これから」恩師の言葉でリセット

北勝富士4敗目も「これから」恩師の言葉でリセット

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

阿武咲(左)は押し出しで北勝富士を下す(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇7日目◇16日◇東京・両国国技館

東前頭2枚目の北勝富士(25=八角)は、同3枚目の阿武咲(21=阿武松)に押し出されて4敗目を喫した。それでも、表情は暗くなかった。「立ち合いがはまった。調子のいい阿武咲に、今日はちゃんと当たれた。圧力はしっかり戻ってきている」。思い悩んでいた前日までの悲愴(ひそう)感はなかった。

「自分の立ち合いができない。何かがずれている。初めてです、こんなの。おかしい」。前日の取組で悩みを吐露していたところ、母校の埼玉栄高の山田道紀監督から電話を受けた。「今は苦しいかもしれないが、三段目や幕下のときと比べたら全然苦しくないだろ。宇良くんとか、出たくても出られない人がいっぱいいる。元気に相撲が取れていることに感謝しなさい。当たり前じゃないんだよ」。

この言葉に気持ちがリセットできたという。「自分が悩んでいるときに、電話がかかってくる。分かるんですかね」。恩師の言葉でどこか吹っ切れた。相撲には負けたが、立ち合いの踏み込みは戻ってきた。

「これからっすよ」。まだ前半戦が終わっただけにすぎない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豪栄道10連勝 2度目の優勝見えてきた 難敵・御嶽海を寄り切る
豪栄道10連勝!史上初カド番から2度目優勝へ 13日目にもV
土俵に熱風!嘉風、4連敗発進からの7連勝「弱い自分も自分」/秋場所
若手印象深い、うまさより馬力の朝乃山/八角理事長
今場所まで10場所連続勝ち越し中/朝乃山アラカルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加