東京五輪選手らの移動用の専用レーン検討 警察庁

東京五輪選手らの移動用の専用レーン検討 警察庁

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/01/17
No image

動画を見る(元記事へ)

警察庁は東京オリンピック・パラリンピックの開催期間を中心に、選手らの移動などに使う車の専用レーンを検討していることを明らかにしました。

警察庁によりますと、検討中の案では大会前後の7月1日から9月30日まで選手の移動などに使われる大会の関係車両だけが通行できるレーンが設けられます。このほか、一般の車両も走れますが、大会の関係車両を優先しなければならないレーンを作ることも検討されています。これらは特に混雑が予想される競技会場周辺で設置される予定です。違反者は道路交通法の通行帯違反になるということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
28日の地震情報まとめ 有感地震は7回
東京消防庁 特殊救急車を活用、感染拡大防ぐため陰圧機能を備える
“五輪記念”の100円硬貨 数量限定で交換始まる
女性職員の部屋に侵入、科捜研職員の男を懲戒免職
新型肺炎 “日本人帰国”の第2便は29日発で調整
  • このエントリーをはてなブックマークに追加