34歳・八重樫が現役続行!年末に再起戦、来春にも4階級制覇挑戦/BOX

34歳・八重樫が現役続行!年末に再起戦、来春にも4階級制覇挑戦/BOX

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/12

プロボクシングの元3階級王者、八重樫東(34)=大橋=が11日、横浜市内の所属ジムで会見し、現役続行を表明した。Sフライ級に階級を上げた上で年末に再起戦を行い、来春にも日本選手初となる4階級制覇に挑戦する。

5月のIBF世界Lフライ級タイトルマッチでミラン・メリンド(フィリピン)に1回TKOで負け、3度目の防衛に失敗。その後、進退を考えてきたが「あの試合でボクシング人生を終わりにするのは納得できなかった」。9月上旬に大橋秀行会長(52)に現役続行の意志を伝えた。

すでにスパーリングを再開しており、「目標があるのでモチベーションは高い。最後の大勝負になるが、悔いのないようにしたい」。ボクサー人生の集大成となるベテランの戦いが始まる。 (伊藤隆)

八重樫 東(やえがし・あきら)

1983(昭和58)年2月25日生まれ、34歳。岩手・北上市出身。2005年プロデビュー。11年10月にWBA世界ミニマム級、13年4月にWBC世界フライ級、15年12月にIBF世界Lフライ級の各王座を獲得し3階級制覇。今年5月に1回TKO負けで同級王座陥落。プロ戦績は31戦25勝(13KO)6敗。右ボクサーファイター。1メートル59.5。

No image

現役続行を宣言した八重樫。4階級制覇にも挑戦だ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
拳四朗に苦杯のゲバラは不満「想像していない結果」
エンダム、婚約者同伴だ!来年3カ所で結婚式/BOX
TKOで世界を獲った村田諒太の涙の理由。その語り尽くせぬ激闘と苦悩の日々
村田の勝利インタビュー中に豊田真由子氏落選確実を画面下で速報...ネット上驚きの声
エンダム、村田の会見に登場「またいつかやろう」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加