田中恒成 日本人最年少23歳!世界最速タイ3階級制覇「気持ちで負けなかった」

田中恒成 日本人最年少23歳!世界最速タイ3階級制覇「気持ちで負けなかった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/10/01
No image

11回、木村翔(左)を攻める田中恒成

「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

挑戦者で同級1位の田中恒成(23)=畑中=が、王者の木村翔(29)=青木=に2-0で判定勝ちした。WBOミニマム級、同ライトフライ級に続く世界3階級制覇を達成した。日本人6人目で、日本ジム所属選手では7人目。プロ12戦目での達成は、現WBA世界ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(30)=ウクライナ=に並ぶ世界最速で、23歳での到達は日本人最年少となる。日本ジム所属の世界王者は5人のまま。

壮絶な打撃戦の末にもつれ込んだ判定で、最後は田中の腕が上がった。世界最速タイ12戦目の3階級制覇に「ありきたりだけど、うれしいです」と23歳の王者はほほ笑んだ。

初回から足を止めて打ち合った。「木村君は侍。よけながら12回やれるわけがない。こっちも斬らないと」。畑中会長の言葉通り、被弾を恐れず果敢に距離を詰めた。2回には強烈な左フックでぐらつかせた。スピードとテクニックで優位とされた田中が接近戦でも引かなかった。

「抽象的ですけど気持ちで負けなかった」。田中が語った勝因に、この一戦の持つ意味が集約されていた。連勝街道を歩むうちに「ちょっとした慣れ」が芽生えた。「一生懸命頑張ると言っても、なかなかできない自分がいた」。昨年9月のパランポン(タイ)戦で負った両目眼窩底骨折が追い打ちをかけた。田口良一(ワタナベ)と統一戦も白紙になり「気持ちも実力も落ちた」という。

心に再び火を灯したのが木村だった。無尽蔵のスタミナと強靱な精神力を誇る雑草王者との対戦に「危機感」という言葉を何度も口にした。「今回は怖かった」。恐れを払拭するため、初心に返って練習に打ち込んだ。

「一番嫌なトレーニング」という走り込みとも向き合った。地道な鍛錬の繰り返しは恐怖を自信に変えた。課題とされた精神面の成長を促してくれた木村に対し「試合ができて光栄。心意気や戦う姿は学ぶべきところがある。生涯忘れられない試合になった」と最大限の敬意を払った。

3階級制覇の称号を手に入れ「疲れたので座り込みたい」と充実感を漂わせた。「王者になっても強い選手に挑む気持ちをなくさないようにしたい。もっと強くなりたい」。視線の先に5階級制覇を見据える田中が、立ち止まることはない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
井上に敗れたパヤノ「井上は強い。パンチが全く見えてなかった」
井上尚弥 衝撃の初回KO勝ち!世界が驚くWBSS優勝候補の強さ
【プロレス】“元祖アイドルレスラー”井上貴子、写真集で芽生えた自覚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加