現実と仮想世界を重ねるゴーグル「ホロレンズ」、値段は33万3,800円からに

現実と仮想世界を重ねるゴーグル「ホロレンズ」、値段は33万3,800円からに

  • インターネットコム
  • 更新日:2016/11/29
No image

すべての動画・画像がある記事はこちら

現実に仮想の映像を重ねて操作できるゴーグル型コンピューター「HoloLens(ホロレンズ)」。マイクロソフトが発表した日本での販売価格は33万3,800円(税別、以下同じ)からだ。12月2日から事前申し込みができ、2017年初頭から出荷予定。

ホロレンズはゴーグルの形をしているが、内部にはPCやタブレットなどと同じく「Windows 10」を搭載しており、ほかの機器とつながなくても使える。かけると現実の世界にさまざまな3D映像を重ねて表示できる、いわゆる拡張現実(AR)のような機能があるが、マイクロソフトでは複合現実(MR)と呼んでいる。

目下のところ個人向けではなく、企業などが利用する製品だ。先行導入事例としては、日本航空(JAL)などがあり、ホロレンズを使って整備士や操縦士を目指す訓練生のためのトレーニングツールとして活用しようとしている。

すでに米国とカナダでは3月末から出荷が始まっているが日本でも遅れて登場予定。価格はというと、アプリケーションなどの開発者向けの「Microsoft HoloLens Development Edition」が33万3,800円、実際に業務で利用する企業向けの「Microsoft HoloLens Commercial Suite」が55万5,800円、画面操作機器の「Clicker」が8,800円。

仮想現実(VR)機能を持ったゴーグルなどと比べても高価だが、ホロレンズ自体がコンピューターである点を考えれば妥当なところだろうか。

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レジの行列から開放!「Amazon Go」が2017年に登場へ
一括648円!ドコモの格安スマホ「MONO」、いよいよ9日に発売
天才ハッカーが市販車を「自動運転カー」に変える改造キットの制御ソフトをオープンソース化、誰でもダウンロード可能に
年末のAmazon祭り! 「サイバーマンデーウィーク 2016」 6日からスタートです
Amazonセール速報:プライム会員限定! フリーテル「容量増加SIMカード」発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加