伊東純也が独走ドリブルから先制点!クリスティアーノも2発で柏が清水を撃破

伊東純也が独走ドリブルから先制点!クリスティアーノも2発で柏が清水を撃破

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/08/13
No image

[8.13 J1第22節 清水1-4柏 アイスタ]

柏レイソルが敵地で清水エスパルスを4-1で下した。これで柏は4試合負けなし(2勝2分)。一方の清水は2試合ぶり9敗目を喫した。

前節、C大阪に逆転勝ちした清水は前半19分、MF枝村匠馬が前線のスペースへロングフィード。駆け上がったFW長谷川悠がDF中山雄太と体を入れ替えて抜け出し、右足シュートもGK中村航輔に止められてしまう。38分には、MF六平光成が右足ミドル。アウトにかかった低い弾道のシュートがゴール右隅を捉えたが、GK中村に指先で弾き出された。

対するMFキム・ボギョンとFWディエゴ・オリヴェイラを出場停止で欠く柏は、前半21分に左サイドからMF武富孝介が上げたクロスをFWクリスティアーノがヘディングで合わせる。これはGK六反勇治に止められ、42分に右CKから中山が放った決定的なヘディングシュートは長谷川にライン上でクリアされた。

互いに守護神が好セーブを見せる中、先制点は前半終了間際に生まれた。柏は前半45分、自陣でボールを奪ったMF伊東純也が一気にドリブルで持ち運び、DFカヌをかわしてPA内に侵入。体勢を崩さず、そのまま右足を振り抜き、ゴール左隅に流し込んだ。

前半を1点リードで折り返した柏は、その勢いのまま後半の立ち上がりに追加点を奪う。7分、FWハモン・ロペスが自陣深くから大きく蹴り出し、クリスティアーノが右サイドで残して中央へカットイン。角度はなかったが、GKとの1対1を冷静に制して2-0とした。

だが、清水が2分後に1点を返す。後半9分、右サイドから枝村がクロスを上げ、PA右に走り込んだDF鎌田翔雅が胸トラップから右足ボレーを叩き込み、1-2。反撃の狼煙を上げると、12分には長谷川が強烈な左足ミドルを放ったが、GK中村に弾き出され、一気に追いつくことはできなかった。

攻め急ぐことなくボールを回す柏は、後半15分に右サイドからクリスティアーノがピンポイントクロス。センターバック2人の間でボールを受けた武富が反転から右足を振り抜いたがGK六反がブロック。決定的なチャンスを逃したが、21分に武富が汚名返上のチーム3点目を入れる。左サイドからDFユン・ソギョンが上げたクロスを逆サイドまで流れるが、DF小池龍太がダイレクトで中央に上げると、武富がヘディングシュート。左右に揺さぶった柏が3-1とし、再び2点差とした。

追いつきたい清水は後半26分にMF村田和哉、30分には3年ぶりにJ復帰を果たしたMF増田誓志を投入し、反撃を試みる。だが、次にゴールネットを揺らしたのは柏だった。34分、ユン・ソギョンのロングフィードから相手DFとのフィジカルコンタクトを制したクリスティアーノがPA左まで持ち運び、右足一閃。ニアに鋭いシュートを打ち込み、4-1とした。

柏は後半41分、MF細貝萌を入れてゲームを閉め、4-1でタイムアップ。柏が今季2度目の1試合4得点で快勝した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第22節 スコア速報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
福岡が元U-23ブラジル代表DFを獲得「全力で戦いたい」
団体戦は8月2日から、南東北インターハイ女子出場51校を一挙紹介!
Jリーグで「違う選手を退場」させる大誤審
「本当に感謝します」シャペコエンセ主将も感激、浦和サポが届けた“メッセージ”
構想外を告げられた2011年、当時浦和の坪井慶介は堀新監督に何を感じたか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加